代替プロテイン

Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリーなホエイタンパク質を使ったチョコレートバーを発売

 

持続可能性を重視した食品を開発するスタートアップ企業のbetterland foodsは先月、アニマルフリーなチョコレートバー「WOO」を発売した

「WOO」には米パーフェクトデイが開発したアニマルフリーなホエイタンパク質が使用されており、動物成分、乳糖は含まれていない。「WOO」は精密発酵により生産したホエイタンパク質を使った初のチョコレートバーとなる。

先月末よりオンラインでの販売を開始し、今年9月には小売で発売される。

精密発酵ミルクに続くアニマルフリーなチョコレート製品「WOO」

出典:betterland foods

「WOO」は、betterland foodsがパーフェクトデイの乳タンパク質を使った2つ目の商品となる。最初の商品となる代替ミルク「betterland milk」は今年夏の市販化が予定されている。

「WOO」は従来のチョコレートバーと比較して、半分の砂糖(9グラム)と2倍のタンパク質(8グラム)を含み、1本あたり200カロリーとなる。原材料表示には「牛フリーなホエイタンパク質(COW-FREE WHEY PROTEIN)」と表示されている。

世界のチョコレート市場は2019年に約1400億ドルに達し、2026年までに1870億ドルを超えると見込まれる

betterland foodsのCEOであるLizanne Falsetto氏は「20グラムのタンパク質を含む無糖な栄養バーthink!」をリリースし、プロテインバーという概念を業界に持ち込んだ人物として知られる。

Falsetto氏は、チョコレート菓子市場が何年にもわたり「ヒトと地球にとってより良い原材料を使用して、消費者が本当に望んでいる味と楽しみに取り組むのではなく、大部分のイノベーションが砂糖量、摂取量管理、包装の調整にあてられている」とコメントし、健康と環境の改善に焦点をあてた食品開発をする必要性を強調している。

牛由来よりサステイナブルなホエイタンパク質

出典:betterland foods

「WOO」に使用されるホエイタンパク質は、遺伝子組換え微生物を活用して牛に頼らずに生産されたもので、牛乳に含まれるものと同じタンパク質となる。

特定の遺伝子を導入した微生物を培養することで、アルコールの代わりに目的のタンパク質を生産する手法は精密発酵と呼ばれ、パーフェクトデイはこの技術を食品領域に導入した先駆的企業として知られる。

同社のホエイタンパク質は、水消費量を最大99%温室効果ガス排出量を最大97%エネルギー消費量を最大60%削減できるため、従来の乳牛由来のホエイタンパク質よりも持続可能なものとなる。

betterland foodsはパーフェクトデイのパートナー企業に選ばれ、今後展開する製品でも同社のアニマルフリーな乳タンパク質を使用していく。

精密発酵チョコレートの開発も進む

出典:QQA

パーフェクトデイはバイオテクノロジーの力で動物に頼らずに乳タンパク質を生産しているが、チョコレートに伴う児童労働や森林伐採などの課題に取り組むため、カカオを使わずにチョコレートそのものを再現しようとしている企業も登場している。

ドイツのQOAは、カカオパウダーとバターを精密発酵で生産し、100%カカオフリーなチョコレートを開発している。発酵の原料にはオリーブ、ブドウ種子、ひまわり油の生産で発生する残留物を使用するため、アップサイクルもかねている。

チョコレートは5番目に温室効果ガスを排出する食品とされ、1キログラムのカカオを生産するのに24,000リットルの水が必要となり、必要な水は牛肉生産より多い

こうした点から、持続可能性を重視するbetterland foodsがパーフェクトデイのほかに、QOAや細胞培養によるチョコレート開発を手掛けるCalifornia Culturedなどの企業と提携し、パートナーシップを拡大していくことも考えられる。

 

参考記事

betterland foods™ Launches New Animal-Free Chocolate Bar Made With Perfect Day’s Whey Protein

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:betterland foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  2. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  3. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  4. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  5. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  6. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  7. Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と…
  8. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…

おすすめ記事

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

タイソンの植物肉ブランドRaised & Rootedが100%植物ベースの新商品を発売

タイソンフーズが植物肉への取り組みを強化する。自社の植物性ブランドRai…

Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を加速するパートナーシップを締結

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsは、シードラウンドで追加の…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。ヴィーガンキットカ…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 18:02時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP