Foovo Deep

Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中国政府も細胞農業を重視

 

中国の培養肉企業Joes Future Foodは先日、南京国立農業ハイテク産業モデル地区で開催した第2回培養肉試食会・技術発表会議で、同社が開発した細胞由来豚バラ肉の試食会を実施した。

会議では、培養豚バラ肉、培養油脂に加え、筋肉細胞と脂肪細胞の共培養、費用対効果の高い無血清培地、キャリアーを使わない浮遊培養から、マルチチャンネルによるバイオプリンティングの精密制御など革新的な新技術が発表された。

培養豚バラ肉 出典:Joes Future Food

Joes Future Foodによると、同社の培養豚バラ肉は「噛み応えがある」という評価を受けたほか、培養油脂は「加熱すると風味がある」、豚肉ケバブは「本物だ」と評価されたという

Joes Future Foodは現在、培養肉を食卓に届けるために、培養肉のパイロット生産ラインを構築しており、商用化に向けて取り組んでいる。

同社研究チームの中核である南京農業大学の周光宏教授は、培養肉は動物の細胞を体外で培養して生産された肉であり、その核心は「動物の飼育」を「細胞の飼育」に変換することにあると述べている。つまり、豚を飼育しなくても豚肉を食べられるようになるということだ。培養肉の開発は、中国の持続可能な発展、低炭素農業、そして国家の食料戦略にかなうものになるとJoes Future Foodは考えている。

5カ年計画に初めて培養肉を明記

出典:Joes Future Food

習近平総書記は3月の中国人民政治協商会議第13期全国委員会第5回会議で、食糧安全保障に関する政府の見解を概説した。その時の声明で「従来の穀物、家畜や家禽資源のほかに、生物資源を活用する必要があります。生物科学、バイオテクノロジー、バイオ産業を発展させることで、植物、動物そして微生物から栄養やタンパク質を得ることができるのです」「複数の手段を活用してあらゆる面で食料資源を開発しなければなりません」と述べた

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

 

関連記事

  1. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  2. 分子農業企業Moolec Scienceが豚タンパク質を作る大豆…
  3. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…
  4. 3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアッ…
  5. Motif FoodworksがSolar Biotechとの提…
  6. 培養羊肉のMagic Valleyがパイロット施設へ拡張、年産1…
  7. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  8. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsが日本で登録商標を取得

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するJooulesが約1.5億円を調達

二酸化炭素を原料に代替タンパク質を開発するニュージーランド企業Jooulesは今…

Nature’s Fyndがカナダで微生物由来タンパク質Fyの認可を取得

極限環境微生物を使用して代替タンパク質Fyを開発する米Nature’s Fynd…

Meatable、シンガポールへ培養豚肉餃子の導入を目指してESCO Asterと提携

オランダの培養肉Meatableは、世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポ…

極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteback Biotechnology|創業者インタビュー

微生物を活用した代替パーム油の開発が活発化している。今年3月には、油脂酵…

TurtleTree、精密発酵ラクトフェリンの上市に向けて最初の商業パートナーシップを締結

精密発酵でラクトフェリンを開発するTurtleTreeが初の商業パートナーシップ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP