Foovo Deep

ソーラーフーズが約13億円を調達、来年前半に商用工場Factory 01を稼働

 

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(Solar Foods)は今月、シリーズBラウンドで800万ユーロ(約13億円)を調達した

フィンランドを拠点とする投資主催者Springvest Oyjを通じて実施されたラウンドは、予定よりも約2週間早く定員に達し、応募超過の形で完了した。

ソーラーフーズは調達した資金で、2024年前半に稼働を予定している最初の商用生産施設Factory 01における生産を強化する。また、新しい生産微生物の使用やソレインの食品での商用化にも資金を使用する。

同社によると、Factory 01が稼働すると生産能力はパイロット工場の約100倍になり、年産120トンを見込めるという

今回のラウンドには、Happiness CapitalLifeline VenturesVTT VenturesFazerが参加した。

来年にはGRAS自己認証を見込む

ソレイン 出典:Solar Foods

2017年にVTTフィンランド技術研究センターとラッペーンランタ大学のスピンオフベンチャーとして設立されたソーラーフーズは、新しいタンパク質ソレインを開発している。

ソレインは、二酸化炭素、水素、酸素、少量の栄養素を微生物に供給するバイオプロセスにより生成される単細胞タンパク質(SCP)となる。

単細胞タンパク質は微生物タンパク質とも呼ばれ、細菌や酵母など微生物の体内に含まれるタンパク質を指す。通常、メタンや糖類を栄養源に使うが、ソーラーフーズは二酸化炭素を使用する。

同社によると、タンパク質1kgあたり牛肉は204.33kg乳牛は172.87kgえんどう豆は2.95kgの二酸化炭素を排出するのに対し、再生可能電力で生成されたソレインは、タンパク質1kgあたりの排出量はわずか1.57kgなるという

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Solar Foods

 

関連記事

  1. 代替脂肪としてのオレオゲルの食品応用における課題と認可の事例|F…
  2. Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表
  3. トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマ…
  4. チーズ大手のBelグループ、米Superbrewed Foodと…
  5. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  6. 中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国…
  7. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  8. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

昨今、細胞培養による代替肉、代替乳製品、代替魚、代替コラーゲン、代替チョコレート…

Steamboxの蒸気で温められるランチボックスで職場の電子レンジが不要になる?

会社、学校で温かいお弁当を食べようと思ったら、選択肢は3つくらいしかない。デリバ…

精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業者が退任、暫定CEOが就任

精密発酵による食品開発を牽引してきたパーフェクトデイ創業者のRyan Pandya氏(左)とPeru…

Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年の上市を計画

香港科技大学からうまれたAlt Farmは3Dプリンター技術の活用を進める会社で…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP