Foovo Deep

Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious Foods立ち上げを発表

 

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発するアメリカのPairwise(ペアワイズ)は、消費者向けブランドConscious Foodsの立ち上げを発表した

最初の製品となるConscious Greensは栄養豊富なサラダ用のリーフ野菜で、2023年に小売で発売され、年内にアメリカの一部都市で提供される

サラダ愛好家を念頭に置いて開発されたConscious Greensは、今月サンフランシスコで開催されたFuture Food-Techで発表された。

ゲノム編集されたリーフ野菜、2023年上市へ

出典:Pairwise

プレスリリースでは言及されていないが、Pairwiseが最初に商品化するリーフ野菜はからし菜になると考えられる。からし菜は栄養豊富で栽培しやすい野菜だが、独特な鼻をつく匂いと辛味がデメリットとされる。

そこでPairwiseはゲノム編集技術を活用することで、リーフ野菜として気軽に食べられる辛味と匂いのないからし菜を開発し、2020年8月にUSDAの認可を取得した。これにより、使用できる場が限られていたからし菜が、レタス、キャベツに代わる新たなリーフ野菜のオプションとなる。

同社共同創業者のHaven Baker氏は「2017年に会社を設立したとき、消費者と顧客のために製品の最終的な利益に焦点をあてた、別タイプのフードテック企業を作りたいと思った。2022年になった今、このビジョンを実現するための最善な方法は、目的主導型の消費者ブランドであるConscious Foodsを立ち上げることだと信じている」とコメントしている。

野菜摂取量の底上げを目指す

出典:Pairwise

Conscious Foodsのブランドを展開する主な理由の1つは、新鮮な野菜・果物をより便利で、用途の広いものにすることで、野菜の摂取を推進するためだ。プレスリリースによると、現在アメリカ成人の10人に1人しか、推奨量の野菜を摂取していない

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Pairwise

 

関連記事

  1. Nature’s Fyndがカナダで微生物由来タンパク質Fyの認…
  2. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…
  3. 米Sweegenが精密発酵による甘味タンパク質でFEMA GRA…
  4. 再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養…
  5. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  6. 精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-
  7. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  8. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の…

代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの小売大手ミグロスとPoC契約を締結

代替シーフード企業Aqua Cultured Foodsは16日、スイスの小売大…

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオン、CJ第一製糖と提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、アジアの食品大手2社と基本合意書(M…

二酸化炭素と水からウォッカを開発する米スタートアップAir Companyとは

ニューヨークを拠点とするスタートアップ企業Air Companyは、大気中の二酸…

オーストラリアが培養肉承認に向けて一歩前進|FSANZがVowの培養ウズラに関する意見募集を開始

オーストラリア・ニュージーランドの独立系シンクタンクFood Frontierは…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP