Foovo Deep

ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携

 

ネスレが精密発酵市場に参入する。

ネスレは12日、精密発酵により乳タンパク質を開発する米パーフェクトデイと提携し、アニマルフリーな乳タンパク質を使用した製品開発を模索していることを発表した

ネスレはアメリカに新たに設立したR+Dアクセラレーターを通じて、今年後半にも、アメリカで同社初となる精密発酵由来製品の試験販売を計画している。

ネスレが精密発酵企業パーフェクトデイと提携

出典:Nestlé

R+Dアクセラレーターの所長を務めるJoanna Yarbrough氏は、「ネスレにとって、アニマルフリーな乳タンパク質を使った最初の製品をR+Dアクセラレーターを通じて試験できることをうれしく思います」とコメントしている。

同氏はさらに、「この部門はまだ歴史が非常に浅いですが、消費者は環境負荷を軽減した製品を求めています。私たちはこの道を当社事業の今後の成長の機会として考えています」と述べ、精密発酵という食品開発における新興技術を重視する考えを示している。

微生物に目的タンパク質の遺伝子を組み込んで、動物と同等のタンパク質を生産する精密発酵は近年、代替タンパク質分野において開発と投資が急速に加速している分野だ。

パーフェクトデイが開発した乳タンパク質は、牛乳に含まれるホエイタンパク質と同等でありながら、生産プロセスで発生する温室効果ガス、消費する水・エネルギーが乳牛由来のタンパク質よりも少なく、持続可能な食品開発手段として注目されている。

スイスのネスレ研究開発チームによって開発された製品は、アメリカのR+Dアクセラレーターを通じて試験運用される。同アクセラレーターは高度に差別化された製品コンセプトを6か月で市場に投入することを目指している。

スタバ、マースに続くネスレの参入

出典:Nestlé

今回の発表により、ネスレはパーフェクトデイの乳タンパク質を採用した大手食品会社に加わった。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nestlé

 

関連記事

  1. 精密発酵により代替タンパク質を開発する企業23社
  2. 細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2…
  3. 微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物…
  4. 米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の…
  5. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  6. Ÿnsectのミールワームタンパク質、アメリカでペットフード製品…
  7. 中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barn…
  8. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

米Superbrewed Food、腸内細菌由来のタンパク質について米国GRAS認証を取得

アメリカ、デラウェア州を拠点とするSuperbrewed Foodは先月、腸内細…

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本格導入

Wilkinson Baking Companyが開発したパンを自動製造するロボ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP