代替プロテイン

菌糸体由来肉の米Meati Foodsが約199億円を調達、今年後半に大型工場から出荷を開始

 

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、シリーズCラウンドで1億5000万ドル(約199億円)を調達した。

Meati Foodsは、菌糸体由来の代替ブロック肉製品を3種類、アメリカ国内で上市しており、調達した資金で代替ブロック肉の生産を拡大する。昨年に続く大型調達で、大量生産・全国展開が現実味を帯びてきた。

Meati Foods、今年後半に大型工場から出荷を開始

出典:Meati Foods

Meati Foodsは現在、コロラド州ソーントンに10万平方フィート(約9290㎡)を超える生産工場を建設している。

この工場は今年後半には製品の出荷を開始し、最終的に年間数千万ポンドの製品を生産する予定となる。Meati Foodsはこの工場を「メガランチ」と称しているが、今後は年間数億ポンドの生産能力を誇る「ギガランチ」の工場建設も計画している。

キノコの根に相当する菌糸体の95%を使って作られたMeati Foodsの製品は、従来の代替肉より優れた味・食感を提供すると同時に、肉に匹敵する完全なタンパク質を有するという。食物繊維は多く、コレステロールは含まれていない。

今年後半に小売に展開

出典:Meati Foods

2025 年までに「アメリカ市場における植物肉リーダー」になることを目指している同社は、今年春にオンライン・店舗での販売を開始した。

2月に「Meati Classic Cutlet」、「Meati Crispy Cutlet」を 、3月にはアメリカ初となる代替ステーキ肉「Meati Steak Filet」を発売した。

D2Cやレストランなど外食サービスを通じた市場への投入は、初期の段階では理にかなっているが、商品化の主要ルートは食料品店を通じた販売になるとMeati Foodsは考えている。以前の報道では、今年後半に小売での販売を開始することを予定している。

1日で4500頭の牛に相当する代替肉を生産

出典:Meati Foods

Meati Foodsは現在、自社オンラインストアでのD2Cや、コロラド州とアリゾナ州の一部レストランで限られた量しか販売できない段階にある。しかし、前述のメガランチが完成すれば、年間数千万ポンドの生産が可能となり、供給量を増やし、予定している小売での展開を加速するだろう。

大量生産が実現すると、わずか1日で4500頭の牛に相当する量の代替肉を生産できるようになる。一方で、使用される水と土地は従来の畜産の1%未満になるため、持続可能性の面からもさらなる展開が期待される。

今回の資金調達は、昨年7月の5000万ドル(当時:約55億円)の調達に続くものとなった。

ラウンドはRevolution Growthが主導し、Grosvenor Food & AgTechカナダ年金制度投資委員会(CPP Investments)、Wellington ManagementCultivate NextChipotle Mexican Grillの新ファンドが参加した。

 

参考記事

Meati Foods Secures $150M in Series C Funding to Expand Operations and Accelerate Production of Whole-Food, Mushroom-Root Meats

Meati launches its first alternative protein steak

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Meati Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  2. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  3. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  4. 培養肉セミナー開催レポート【岡田健成氏講演】-2022年8月-
  5. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  6. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  7. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  8. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…

おすすめ記事

豆を使わずに合成生物学でコーヒーを開発するCompound Foodsが約5億円を調達

コーヒー豆を使わずにコーヒーを生産する米Compound Foodsがシードラウ…

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携、培養魚の生産コスト90%削減を発表

Avant Meatsは培養タンパク質の生産コストを90%削減することに成功した…

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/17 19:04時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
2,090円(08/18 12:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(08/18 00:34時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(08/17 15:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP