代替プロテイン

マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了

 

マクドナルドは先月、アメリカで植物性バーガー・マックプラントの試験販売を終了した

同社は昨年アメリカの一部店舗で、ビヨンドミートと共同開発したマックプラントの試験販売を開始した。一部の海外メディアが試験販売終了を報道しているが、今後の本格導入の計画や追加の試験についてマクドナルド、ビヨンドミートからの発表はない。

マクドナルドがマックプラントの試験販売を終了

出典:マクドナルド

マクドナルドはアメリカ市場に先立ち、スウェーデン、デンマーク、オランダ、オーストリア、イギリスなど一部の国でマックプラントを導入していた。

2021年11月には、本場アメリカの8店舗でマックプラントの試験販売を実施することを発表。同社はマックプラント販売について当時、「プラントベースパテを使ったバーガーを提供することが、当社レストランのキッチンにどんな影響を及ぼすか把握できます」とコメントしていた。

アメリカでは2019年にバーガーキングがインポッシブルフーズの植物肉パテを全国販売するなど、競合他社の積極的な動きが見られる。イギリスの本格導入に対し、本場アメリカでは本格導入に慎重だったマクドナルドだが、今年1月には提供店舗を6店舗から約600箇所に拡大した。

CNBCの報道によると、マックプラントの売上は期待外れで、予測の最低ラインかそれを下回っていたという。また、複数の現場スタッフから、売れ行きが低調で、全国販売にいたらない可能性が指摘されていたという。

売上減少をうけ、売上予測を引き下げ

出典:ビヨンドミート

ビヨンドミートの第2四半期決算発表によると、2022年第2四半期の純売上高は約1億4700万ドルと前年比1.6%の減少となった。売上総利益は620万ドルの損失で、純損失は9,710万ドルと振るわない結果となった。

創業者兼CEOのイーサン・ブラウン氏は、「2022年第2四半期、インフレ圧力でタンパク質市場が落ち込む中、純売上高では過去2番目に大きな記録を出せました。また、運営・製造の変換コスト削減において、着実な進歩を遂げました」とコメントしている。

決算発表で、ビヨンドミートは年間純売上高の予測を、5億6000万ドル~6億2000万ドルから、4億7000万ドル~5億2000万ドルに下方修正した。また従業員の約4%を一時解雇することで、約800万ドルの節約できると発表している。

ビヨンドミートは2019年にNasdaq上場を実現し、世界的にも代表的な植物肉企業だが、昨今はインフレ、サプライチェーンの混乱、人材確保、金利上昇、景気後退の可能性など複数の影響により苦戦している。

同社は7月に市場にまだほぼ流通していない植物性の代替ステーキ肉の年内発売計画を発表した。マックプラントの本格導入が実現しなかった今、植物ステーキ肉の市場投入が挽回策となるか、注目される。

 

参考記事

Beyond Meat stock falls after conclusion of McDonald’s McPlant test

BEYOND MEAT® REPORTS SECOND QUARTER 2022 FINANCIAL RESULTS

Beyond Meat cuts outlook and employees as sales and earnings disappoint

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ビヨンドミート

 

関連記事

  1. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  2. The EVERY Companyが約198億円を調達、精密発酵…
  3. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…
  4. 日本初|植物肉グリーンカルチャーが植物魚に参入、7月より寿司屋で…
  5. 精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-
  6. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…
  7. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…
  8. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…

おすすめ記事

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約…

韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでのテスト販売を目指す

韓国のスタートアップ企業SeaWithは、2022年末までに培養肉のテスト販売を…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

精密発酵により卵白タンパク質を製造販売する米The Every Companyは…

ピザハットのロボットレストランがイスラエルに登場

イスラエルのピザハットが完全に自動化されたロボットレストランを発表した。…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP