Foovo Deep

独Nosh Biofoodsが赤身肉のようなマイコプロテインの開発でGinkgo Bioworksと提携

 

代替肉用に菌類由来の機能性成分を開発するドイツ企業Nosh Biofoods(以下、Nosh.bio)は先月、赤身肉のような味・食感を備えたマイコプロテインを開発するため、米Ginkgo Bioworks提携した

Nosh.bioによると、ステーキなど赤身肉に代わる代替肉の開発は依然として難しく、現在の代替肉には多くの原料と化学添加物が使用されている。同社はまた、代替肉を開発する企業は、加工の手間が少なく、手ごろな価格の代替タンパク質を開発するという課題に直面していると指摘している。

Nosh.bioはGinkgo Bioworksの菌株最適化サービスを活用して、動物肉よりも健康的でありながら、赤身肉のような味・食感を備えた単一成分の開発を目指す。

Nosh Biofoodsが赤身肉のようなマイコプロテインの開発でGinkgo Bioworksと提携

出典:Nosh.bio

2022年に設立されたNosh.bioは、単一成分として代替肉や添加物として使用できる多用途なマイコプロテインを開発している

味、色、性能、栄養に優れたマイコプロテインの開発に向けて、Ginkgo Bioworksは同社のカプセル化・スクリーニング技術(EncapS)を使用して、突然変異を誘発し、スクリーニングを実行する。これにより、1回で最大100万の変異体を検索し、優れた性能を持つ菌株候補を選定することが可能になるという。

Ginkgo BioworksのEncapS技術は「商業的に競争力のあるタイムラインで候補を見つける可能性を高める」もので、Nosh.bioはこの協業により、より短期間で理想的な菌株を特定できる可能性がある。

Nosh.bioの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のTim Fronzek氏は、「Ginkgoとの提携で本当に嬉しいことは、極めて『肉らしい』マイコプロテインを特定し、開発するのに役立つ高速スクリーニング技術です」と述べている

肉もアイスクリームも同一成分から作成するNosh.bioの技術

出典:Nosh.bio

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nosh.bio

 

関連記事

  1. 国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功
  2. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  3. 【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアッ…
  4. VenHubが開発する完全自律型のスマートコンビニ
  5. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  6. ソーラーフーズ、ソレインを商用生産する工場を稼働/ソレイン使用の…
  7. スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開…
  8. 培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プラント建設を年内に開始

イスラエルの培養肉企業MeaTechは、子会社のPeace of Meatが新た…

ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願

アメリカの代表的な代替肉企業ビヨンドミートが、代替ミルクへの参入を進めている可能…

牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProProtein

エストニアを拠点とするProProteinは微生物を活用して、牛を使うことなく主…

細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円を調達

哺乳類細胞の培養により牛乳を開発するBrown Foodsは今月、シードラウンド…

精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-

2023年4月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ視聴いただけます。…

酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600万円のシード資金を調達

発酵技術により油脂を開発するスウェーデン企業Melt&Marbleが、シ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP