代替プロテイン

パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリームチーズを発売

 

アニマルフリーな乳製品を開発する米パーフェクトデイがシリーズDラウンドで3億5000万ドル(約390億円)を調達した。

同社は精密発酵によりアニマルフリーな乳成分を市販化している唯一の企業。今年後半には同社の乳タンパク質を使ったクリームチーズが発売されることも発表された。

このラウンドはシンガポールの政府系投資会社テマセクCPP Investment(カナダ年金制度投資委員会)が主導し、Horizons VenturesBob IgerSK Incが参加した。この調達により、パーフェクトデイの調達総額は7億5000万ドル(約837億円)となる。

動物を使わずに乳製品を作るパーフェクトデイ

出典:パーフェクトデイ

パーフェクトデイは、牛と同じ乳タンパク質を生成するようプログラムされた微生物を使用し、発酵タンクの中で乳タンパク質を生成させる。

精密発酵により、動物を使わずに目的のタンパク質を開発する企業は急増えているが、パーフェクトデイは精密発酵による代替タンパク質を市販化している唯一の企業となる。

「私たちがこれを開始したのは8年前のことで、動物を使わずに乳製品を生産する方法を創るというシンプルな目標がありました。

そして、すぐにわかったのです。わたしたちの技術とノウハウをサプライチェーン全体に適用すれば、地球と世界の食料システムに与えるプラスの影響を最大化できることに」(パーフェクトデイの共同創業者・CEOのRyan Pandya氏)

出典:パーフェクトデイ

2019年にはThe Urgent Companyを通じてアイスクリームブランド「BraveRobot」を発売した。すでにクローガー、スプラウツ(Sprouts)、Stop&Shopなどアメリカの5000箇所を超える食料品店で販売されている。

2つ目のブランド:クリームチーズ「Modern Kitchen」がデビュー

出典:Modern Kitchen/The Urgent Company

The Urgent Companyは先月、新ブランドとなるクリームチーズ、「Modern Kitchen」を発売することを発表。これはThe Urgent Companyの2つ目の商品となる。

パーフェクトデイが開発したアニマルフリーな乳成分を使用しており、精密発酵を活用した新たな乳製品が今秋に市場に登場することとなる。パーフェクトデイの直接の商品とはならないが、商品にはパーフェクトデイのロゴと、動物を使用していない旨が明記されている。

正式発売に先立ち、先週末にベーグルショップのBrooklyn Bagelfestでアニマルフリーなクリームチーズ「Modern Kitchen」が先行デビューした。

パーフェクトデイの乳成分を使ったクリームチーズ 出典:Brooklyn Bagelfest

「Modern Kitchen」の公式ECサイトでも予約注文の受付をスタートしている。

「何年も、アニマルフリーなクリームチーズを夢見てきました。そしてついに、従来のクリームチーズを素晴らしいものにしている風味、食感のカギを手にいれました。

パーフェクトデイの商品を心待ちにしていた消費者にModern Kitchenを届けることができることに興奮しています」(Ryan Pandya氏)

微生物発酵による代替タンパク質の開発が加速

この2年、発酵タンパク質企業が増えている 出典:GFI

微生物発酵による代替タンパク質の開発が盛り上がりを見せている。昨今の特徴として、開発フェーズから市販化フェーズへの移行と資金調達があげられる。

熱水泉に生息する極限環境微生物を使用して代替タンパク質Fyを開発するNature’s Fyndは、Fyを使ったクリームチーズ、パテを先月発売した。7月には約385億円という巨額の資金調達を実施し、来年にはアジア進出を目指している。

MeliBioはミツバチを使わない世界初の代替ハチミツを発表、早ければ年内に商品を出荷する。ドイツのQOAはカカオを使わないチョコレートを開発。

着色料を開発するデンマークのChromologics、コラーゲンを開発するアメリカのGeltor、代替母乳を開発するHelainaなど、精密発酵の開発対象は乳製品からハチミツ、チョコレート、コラーゲン、着色料、母乳へと広がりを見せている。

 

参考記事

Perfect Day Raises $350 Million to Expand Consumer and Enterprise Biology Platforms

The Urgent Company Brings Second Brand to Market: Animal-Free Cream Cheese from Modern Kitchen

Perfect Day raises $350M and announces animal-free cream cheese

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販…
  2. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  3. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…
  4. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  7. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  8. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…

おすすめ記事

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

培養シーフードを開発するシンガポールのShiok Meatsが、Woowa Br…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech …

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP