Foovo Deep

培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点-

 

2020年12月にシンガポールで培養肉が世界に先駆けて販売されてからもうすぐ2年。

2021年には培養肉企業に1年間で集まった投資額としては過去最高の14億ドルが投じられた。現在、これらの資金は生産施設建設などスケールアップに使用されている。

この記事では培養肉スタートアップ企業のうち、生産工場を有している企業(11社)/建設中・建設計画を発表している企業(10社)/大手による動きをまとめた。

生産工場を開設している培養肉/魚企業11社

出典:Upside Foods

Vow(オーストラリア)

2022年10月、年間30トンの培養肉を生産できる同社初の工場を開設。「Factory 1」と名付けられたこの工場はオーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー郊外のアレクサンドリアに位置する。Vowは100倍の培養肉を生産できる「Factory 2」を2024年に稼働予定

Wildtype(米)

2021年、サンフランシスコに最大20万ポンド(約90.7トン)の培養サーモンを生産できるパイロット工場を開設。2022年11月、食品・飲料生産に向けたカスタマイズされたバイオリアクター設備に強いSolarisと提携した

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Believer Meats

 

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  2. 「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性…
  3. 世界初!動物肉を使わないバーガーキングの店舗がドイツにこの夏オー…
  4. 米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、イン…
  5. アレフ・ファームズが培養ステーキ肉「Petit Steak」を発…
  6. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  7. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  8. マイコプロテインを開発するフィンランド企業Eniferが約19億…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエル企業Remilk、アメリカで精密発酵乳タンパク質の認可を取得

テルアビブを拠点とする精密発酵企業Remilkは、アメリカでGRAS自己認証を取…

英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増殖培地工場の建設へ

イギリスのスタートアップ企業Multus Biotechnologyは、世界初の…

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業…

乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業Senara

ドイツのスタートアップ企業Senaraは先月、細胞培養によるミルクを低コストで生…

オランダのEatch、1日最大5000食を調理できるロボットキッチンを開発

ロボットキッチンを開発するオランダ企業Eatchは、1日に最大5,000食を調理…

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP