代替プロテイン

米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「メガランチ」を開設

 

菌糸体からブロックタイプの代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、コロラド州ソーントンに工業規模の生産施設を開設したことを発表した

「メガランチ」と呼ばれるこの工場は、2023年後半までに年間数千万ポンドの代替肉を生産すると予想される。この発表は昨年7月の約200億円の資金調達に続くものとなる。「メガランチ」の生産量は、アメリカで最大規模の農場で生産される肉の生産量に匹敵もしくはそれを上回るものだという。

Meati Foodsは2025年までに10億ドルのランレートを予想している。

菌糸体から代替肉を開発するMeati Foodsが生産工場を開設

出典:Meati Foods

2017年に設立されたMeati Foodsは、キノコの根に相当する菌糸体を活用して、栄養価が高く持続可能な代替肉の開発に取り組んできた。同社の製品ブランド「Eat Meati」シリーズは、菌糸体を活用したカツレツとステーキという、ブロック肉を特徴としている。

同社は「Eat Meati」シリーズとして昨年2月以降、「Classic Cutlet」、「Crispy Cutlet」、「Classic Steak」、「Carne Asada Steak」の4製品をオンラインで販売している。

初回発売から1時間で1100個の注文が入るなど、Eat Meati」シリーズは自社オンラインショップで数ヵ月にわたる「記録的な完売」を経て、昨年7月に小売デビューを果たした。

現在はオンライン販売のほか、Sprouts Farmers MarketSweetgreenBirdcallなどの小売、レストランで販売されている。テッククランチの報道によると、Meati Foodsは年末までに販売箇所を7000に拡大する予定だという。

年間数億ポンドの大型工場でさらなるスケールアップへ

出典:Meati Foods

プレスリリースによると、広さ10万平方フィート(約9290㎡)の「メガランチ」は、栽培から収穫、加工、包装までのプロセスを1つの工場で行う、垂直統合アプローチを採用している。

小さじ1杯の胞子をわずか数日で、数百頭の牛に相当するホールフード(加工を最小限に抑えた植物性食品)に成長させることができるという。「Eat Meati」シリーズは同工場で製造されている。

同社は以前、商品化の主要ルートは食料品店を通じた販売になると述べており、「メガランチ」がその実現に寄与するのは間違いない。長期的には、年間数億ポンドの生産能力を誇る「ギガランチ」の工場建設も計画しており、さらなる生産拡大が予定されている。

 

参考記事

Meati Foods Opens “Mega Ranch” Production Facility to Accelerate Availability, Supported by Oversubscribed Series C Funding

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Meati Foods

 

関連記事

  1. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  2. インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け…
  3. イスラエルのImagindairy、アニマルフリーな精密発酵乳タ…
  4. 草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrew…
  5. Back of the Yards Algae Sciences…
  6. マイコプロテインを開発するフィンランド企業Eniferが約19億…
  7. アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で…
  8. 大手食肉加工のJBS、ブラジルで培養タンパク質の研究施設建設を開…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DICがスピルリナ由来ヘムを開発する米BYASに出資を発表

DICは、藻類由来製品の事業拡大のために米Back of the Yards A…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来月発売

Kiri(キリ)やBoursin(ブルサン)などで有名なチーズ大手ベルグループの…

培養肉セミナー開催レポート【岡田健成氏講演】-2022年8月-

世界人口の増加に伴う食料需要の高まりにより、2030年にはタンパク質が不足すると…

DSM・フォンテラが設立した精密発酵企業Vivici、資金調達を経てアニマルフリー乳タンパク質の開発を加速

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するオランダ企業Viviciは今月、…

精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが約39億円を調達

精密発酵で脂肪を開発するオーストラリア企業Nourish Ingredients…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP