代替プロテイン

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)との提携を発表した。

AvantはA*STARと協力して、細胞培養による培養魚の生産を拡大するために、シンガポールに共同研究所を設立する。

今回のパートナーシップはA*STARの研究機関、Bioprocessing Technology Institute(BTI)との間に締結したもので、培養魚の商用化するために、培養魚の生産コストを下げるソリューションの共同開発に取り組む。

2社は、シンガポール国立大学の近くにある国際的な研究開発拠点であり、官民連携の拠点としても活用されるバイオポリスに新しい共同研究所を設立する。

出典:Biopolis

共同研究所では、シンガポール及び海外市場に向けて、費用対効果の良い食品グレードの培養シーフードを生産するために、培養魚のスケーラブルな生産を可能にするソリューションの最適化に取り組む。

これには、細胞の成長に影響を与える重要な因子の特定や、スケールアップを改善するプロセスなどが含まれる。

Avantは細胞ベースの代替魚を開発するアジアで最初の企業となり、これまでに培養魚の切り身や魚肚(魚の浮き袋)など複数のプロトタイプを発表してきた。昨年には化粧品業界にも参入し、細胞ベースの海洋タンパク質製品「Zellulin」を発売。培養魚は「avie」というブランドで、現在公式サイトで発売前の予約注文を受け付けている。

同社は今年4月にシンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受け、シンガポールへの研究施設・実証プラントの建設を発表していた。プレスリリースによると、この施設は、2022年までに設立される。

出典:Avant Meats

同社は今年1月にベトナムに拠点を置くビンホアン水産(VHC)との間で戦略的パートナーシップを締結しており、シンガポールだけでなく海外展開も視野に入れていることがうかがえる。

シンガポールにおける培養肉、培養シーフードの開発は加速している。

2020年12月にシンガポールが世界に先駆けて培養肉を承認したのは記憶に新しい。8月には南洋理工大学(NTU)、シンガポール食品庁(SFA)、A*STAR が、新規食品の商品化を加速するためにFutureReady Food Safety Hub(FRESH)を設立した。

今月には医薬品受託製造開発機関(CDMO)のEsco AsterがSFAから培養肉製造の承認を取得している。

A*STAR とパートナーシップを結ぶ企業にはAvantのほかに、アニマルフリーな乳製品を開発するパーフェクトデイも含まれる。

Avantの共同創業者・CEOのCarrie Chan氏は、2社の提携は、培養肉を生産するための「細胞培養プロセスを最適化する方法のブレイクスルーを加速させる」とコメントしている。

 

参考記事

AVANT AND A*STAR’S BIOPROCESSING TECHNOLOGY INSTITUTE COLLABORATE TO ACCELERATE CULTIVATED FISH TECHNOLOGY FOR MASS MARKET

Avant Partners With Singapore’s A*STAR To Make Cell-Based Fish A Reality

アイキャッチ画像の出典:Avant Meats

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製するこ…
  2. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  3. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  4. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  5. ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売
  6. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  7. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  8. 中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barn…

おすすめ記事

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功

イスラエルの培養肉スタートアップFuture Meatが、培養鶏肉の生産コスト削…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場…

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/26 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP