Foovo Deep

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

 

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)との提携を発表した。

AvantはA*STARと協力して、細胞培養による培養魚の生産を拡大するために、シンガポールに共同研究所を設立する。

今回のパートナーシップはA*STARの研究機関、Bioprocessing Technology Institute(BTI)との間に締結したもので、培養魚の商用化するために、培養魚の生産コストを下げるソリューションの共同開発に取り組む。

2社は、シンガポール国立大学の近くにある国際的な研究開発拠点であり、

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  2. 培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を…
  3. 乳業大手フォンテラとDSMが精密発酵スタートアップ設立を発表
  4. 細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Cultu…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  7. Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変え…
  8. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…

おすすめ記事

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

培養肉アレフ・ファームズ、安価でオープンな増殖培地の開発でWACKERと提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズとドイツの化学メーカーWACKERは、培…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円を調達

植物ベースのチーズを開発するNobell FoodsがシリーズBラウンドで750…

フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円を調達

フードロスに取り組む米Apeel SciencesがシリーズEラウンドで2億50…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/27 19:30時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/27 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/28 05:27時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/27 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP