代替プロテイン

菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprouts Farmers Market全店舗に導入

 

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは、アメリカのスーパーマーケットチェーンSprouts Farmers Marketとの小売パートナーシップを拡大し、全米で販売を開始したことを発表した。

同社代替肉シリーズ「Eat Meati」のカツレツ、ステーキは現在、アメリカ23州にあるSprouts Farmers Marketの全店舗(380店舗)で販売されている。

Meati Foodsは昨年、オンラインストアや、コロラド州・アリゾナ州のレストラン、小売で販売を開始した。初期の販売では供給量が限られていたが、今年1月、コロラド州に工場を開設したことで、小売業での流通拡大につながったと思われる。

Meati Foods、菌糸体由来肉を全米展開

出典:Meati Foods

「Eat Meati」シリーズにはクラシックカツレツ、クリスピーカツレツ、クラシックステーキ、カルネアサダステーキの4種があり、Sprouts Farmers Market全店舗の冷凍肉コーナーで販売されている。

キノコの根に相当する菌糸体の95%を使って作られたMeati Foodsの製品は、従来の代替肉より優れた味・食感を提供すると同時に、肉に匹敵する完全なタンパク質を有するという。食物繊維は多く、コレステロールは含まれていない

Meati Foodsの社長兼COO(最高執行責任者)のScott Tassani氏は、「初期にMeati製品を導入したコロラド州のSprouts店舗で高い需要があったことから、おいしくて素晴らしく栄養がありながら、差別化されたアニマルフリーなタンパク質を人々が求めていることがわかりました」と述べ、Meati Foodsの代替肉製品の全米展開の背景に、試験販売の成功があったことを言及している。

タンパク質を効率よく大量生産できるバイオマス発酵

出典:Meati Foods

Meati Foodsの技術は、植物肉、培養肉に次ぐ、代替タンパク質の第3の柱として注目される「微生物発酵」に分類される。微生物発酵には精密発酵バイオマス発酵があるが、Meati Foodsは後者に属する。

微生物を生産工場として活用し、タンパク質や着色料など特定成分を生成する方法を精密発酵という。精密発酵の場合、微生物は最終産物から除去される。

これに対し、微生物を培養、成長させたものを食用タンパク質にする方法をバイオマス発酵という。

バイオマス発酵でタンパク質を生成する米Calystaの共同創業者兼CEOのAlan Shaw氏は、特定成分を正確に再現する精密発酵に対し、バイオマス発酵の特徴は、タンパク質を効率的に大量に生成できることだとしている

Meati Foodsも過去の報道で、大量生産を実現すれば、1日に4500頭の牛に相当する量の代替肉を生産でき、使用される水と土地は従来の畜産の1%未満になるとしている

Meati Foodsは既存工場に加え、年間数億ポンドの生産能力となる「ギガランチ」の工場建設も計画している。「ギガランチ」の建設時期は不明だが、今回の全米展開を機に、販路拡大に向けて加速していくと予想される。

 

参考記事

Eat Meati™ Begins Major Year of Expansion with Sprouts Farmers Market

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Meati Foods

 

関連記事

  1. パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-serv…
  2. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  3. 代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売…
  4. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…
  5. EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy F…
  6. Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.…
  7. 「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約…
  8. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

米Lypid、独自のビーガン脂肪を使用した代替豚バラ肉Lypid Pork Bellyを米・アジアで発売

植物肉向けの代替脂肪を開発する米Lypidは4月、独自の代替脂肪を使用した植物性…

米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開発

アメリカのバイオテック企業Checkerspotは微細藻類の発酵により、ヒト乳脂…

バナナの追熟をAIで予測する米Strellaのソリューション

米スタートアップ企業Strellaは、リンゴなどを保管するCA貯蔵庫の熟成度をリ…

菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会議から助成金を獲得

菌糸体を使って代替肉を開発するドイツ企業Mushlabsは先月、スタートアップの…

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP