代替プロテイン

ビヨンドミートが日本市場進出へ|U.S.M.Hと独占販売契約を締結

 

アメリカの代替肉企業ビヨンドミートが日本市場に参入する。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)は2日、植物由来代替肉を展開するビヨンドミートと同社製品「BEYOND MEAT」の日本における独占販売契約を締結したことを発表した

U.S.M.Hはまず、傘下のマルエツカスミマックスバリュでビヨンドミートの製品を使った商品を今年秋頃に販売開始する。U.S.M.Hは自社植物工場「THE TERRABASE」でサステナブル志向のレタス「Green Growers」を生産・販売しており、ビヨンドミートの製品を使った商品は、「Green Growers」ブランドで販売される。長期的には、外部への販路拡大も視野にいれているという。

U.S.M.Hは東京都、茨城県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、神奈川県に計527店舗(2022年9月2日現在)のスーパーを展開している。3月には、新しい提供価値の創造を目的としたオープンイノベーションプラットフォーム「AKIBA-Runway」を始動した。

このプラットフォームは独自の技術をもつスタートアップ企業等と連携・共創するオープンイノベーションプラットフォームの取り組みとなり、ビヨンドミートとの提携も「AKIBA-Runway」を通じて実現された

出典:ビヨンドミート

ビヨンドミートにとって日本市場参入の試みは今回が2回目となる。

2019年、三井物産によるビヨンドミートの商品を日本で販売するプロジェクトがあったが、この計画は取り止めとなった。ビヨンドミートで当時、最高事業成長責任者(CGO)を務めていたChuck Muth氏は、「今後、日本を含めより多くのアジアの国々で当社の画期的商品を提供できるよう期待しています」とコメントしていた。

2019年の時点では、国内で流通する代替肉はマルコメ、森永製菓のSEE THE SUN、大塚食品のゼロミート、モスバーガーのソイパティなど非常に限られていた。2020年からカゴメ、伊藤ハム、日本ハムなど食品メーカーも大豆ミート商品の販売を開始したほか、トップバリュ、ローソン、セブンイレブンなど小売も提供を開始。焼肉チェーン店の焼肉ライクでも代替肉を提供するなど、国内市場も活気を帯びるようになる。

国内における主要食品メーカーの代替肉参入の流れ 各社画像を使用してFoovo作成

代替肉の認知、普及ではアメリカ、シンガポールなど海外に劣るものの、3年前と比べると国内でも流通は拡大している。

当時、ビヨンドミートの日本参入中止の理由は明らかにされていないが、消費者の好みや売上など蓄積されたデータを有するU.S.M.Hによる導入、展開には期待感が高まる。

U.S.M.Hは商品発売にあわせ、カスミのBLΛNDE研究学園店で紹介イベントを実施するという。

 

参考記事

U.S.M.Holdings 米国ビヨンド・ミート社と独占販売契約締結のお知らせ

 

関連記事

アイキャッチ画像は各社画像を使用してFoovoが作成

 

関連記事

  1. おがくずと微生物で脂肪を開発するエストニア企業ÄIOが約1.4億…
  2. Vivici、欧州企業で初となる精密発酵タンパク質のGRAS自己…
  3. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  4. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  5. 代替脂肪(油脂)セミナー開催のお知らせ
  6. 『ミート・ザ・フューチャー~培養肉で変わる未来の食卓~』が6月9…
  7. 植物分子農業でジャガイモから卵白タンパク質を開発するPoLoPo…
  8. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

オーストラリアのVowが約67億円を調達、来年始めにシンガポールで培養肉発売へ

オーストラリアの培養肉企業Vowは、シリーズAラウンドで4920万ドル(約67億…

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コストの1/100削減を見込む

オランダの培養肉企業モサミートと同社のパートナー・投資会社であり水産飼料大手Nu…

乳業大手フォンテラとDSMが精密発酵スタートアップ設立を発表

ニュージーランドの大手乳業メーカー・フォンテラ(Fonterra)とオランダ大手…

フィンランドの研究チームが細胞培養コーヒー生産に関する論文を発表|コーヒーの持続可能なエコシステム構築に向けて

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは、コーヒーの持続可能なエコシ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP