Foovo Deep

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ

 

培養肉を開発するイスラエル企業アレフ・ファームズは、培養コラーゲンの研究開発にも取り組んでいることを発表した

これは細胞培養技術を拡張し、牛製品全体を置き換えるというアレフ・ファームズの戦略に基づくものとなる。

屠殺のないコラーゲンを開発

出典:アレフ・ファームズ

プレスリリースによると、世界の食肉供給の70%は集約畜産によるが、食肉は屠殺される動物全体の3分の1しか占めていない。食肉処理場で発生する副産物をもとに作られる製品の1つがコラーゲンだ。

コラーゲンの主な原料は、牛、豚、家禽、海洋生物だが、牛由来のコラーゲンが38%とかなりのシェアを占めている。既存のコラーゲンは、食肉産業の副産物を原料に作られており、屠殺された動物の副産物がコラーゲンの原料供給を支えていることとなる。アレフ・ファームズがコラーゲンなど食肉以外のタンパク質のアプリケーションを検討した理由はここにある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:アレフ・ファームズ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得…
  2. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  3. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  4. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  5. 培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最…
  6. ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培…
  7. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  8. 味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用…

おすすめ記事

自律型サービスロボットを開発したBear RoboticsがシリーズBで約100億円を調達

接客ロボットと人工知能を活用したソリューション領域での先駆者であるBear Ro…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicがシリーズAラウンドで1630万ドル(…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するソーラーフーズ(Solar Foo…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP