Foovo Deep

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ

 

培養肉を開発するイスラエル企業アレフ・ファームズは、培養コラーゲンの研究開発にも取り組んでいることを発表した

これは細胞培養技術を拡張し、牛製品全体を置き換えるというアレフ・ファームズの戦略に基づくものとなる。

屠殺のないコラーゲンを開発

出典:アレフ・ファームズ

プレスリリースによると、世界の食肉供給の70%は集約畜産によるが、食肉は屠殺される動物全体の3分の1しか占めていない。食肉処理場で発生する副産物をもとに作られる製品の1つがコラーゲンだ。

コラーゲンの主な原料は、牛、豚、家禽、海洋生物だが、牛由来のコラーゲンが38%とかなりのシェアを占めている。既存のコラーゲンは、食肉産業の副産物を原料に作られており、屠殺された動物の副産物がコラーゲンの原料供給を支えていることとなる。アレフ・ファームズがコラーゲンなど食肉以外のタンパク質のアプリケーションを検討した理由はここにある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:アレフ・ファームズ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  2. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  3. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  4. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…
  5. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  6. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  7. イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガ…
  8. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…

おすすめ記事

ピザハットのロボットレストランがイスラエルに登場

イスラエルのピザハットが完全に自動化されたロボットレストランを発表した。…

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設を着工

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は25日、培養…

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

食用タンパク質で精密発酵をリードする米パー​​フェクトデイ(Perfect Da…

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrim…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/25 19:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/26 13:10時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/26 01:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/25 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP