Foovo Deep

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ

 

培養肉を開発するイスラエル企業アレフ・ファームズは、培養コラーゲンの研究開発にも取り組んでいることを発表した

これは細胞培養技術を拡張し、牛製品全体を置き換えるというアレフ・ファームズの戦略に基づくものとなる。

屠殺のないコラーゲンを開発

出典:アレフ・ファームズ

プレスリリースによると、世界の食肉供給の70%は集約畜産によるが、食肉は屠殺される動物全体の3分の1しか占めていない。食肉処理場で発生する副産物をもとに作られる製品の1つがコラーゲンだ。

コラーゲンの主な原料は、牛、豚、家禽、海洋生物だが、牛由来のコラーゲンが38%とかなりのシェアを占めている。既存のコラーゲンは、食肉産業の副産物を原料に作られており、屠殺された動物の副産物がコラーゲンの原料供給を支えていることとなる。アレフ・ファームズがコラーゲンなど食肉以外のタンパク質のアプリケーションを検討した理由はここにある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:アレフ・ファームズ

 

関連記事

  1. 米培養肉UPSIDE Foodsが世界で初めてFDAの安全性認可…
  2. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  3. オランダのUpstream Foods、植物シーフード向上のため…
  4. 分子農業企業Moolec Scienceが豚タンパク質を作る大豆…
  5. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  6. 米SCiFi Foodsが培養牛肉製品で初のLCAを実施、環境メ…
  7. オーストラリアが培養肉承認に向けて一歩前進|FSANZがVowの…
  8. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Culturedが約4億5000万円を調達

細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedがシー…

【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2023)参加レポート

2023年10月31日~11月2日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズに…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

培養脂肪の英Hoxton Farmsが約32億円を調達、ロンドン市内にパイロット工場建設へ

培養脂肪を開発する英Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)はシリーズ…

Remilkがイスラエルで初めて精密発酵タンパク質の認可を取得

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは27日…

Steakholder FoodsとUmami Meatsが培養シーフード製品開発のための助成金を獲得

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)と…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP