代替魚

  1. ドイツ企業Nosh.Bioがマイコプロテインを工業生産する自社施設を発表

    ドイツのマイコプロテイン企業Nosh.bioは今月、ドイツ・ドレスデン近郊にある工業規模の自社生産施設を発表した。同施設は今後4-5ヵ月で稼働を開始する予定で、稼働すると年間2000-5000トンの菌糸体タンパク…

  2. エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発するFunkiとMati Foodsの取り組み

    エストニア発のマイコプロテイン企業Funkiは、今後5年から10年で、食用菌糸体…

  3. 【2024年】マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート発売のお知らせ

    2024年7月16日 更新7月12日に発売しました。目次・サンプルページ…

  4. シンガポールのtHEMEat、卵殻や廃棄野菜から植物性ヘムを開発

    シンガポールのスタートアップ企業tHEMEatは、代替肉を本物の動物肉に近づける…

  5. 代替脂肪としてのオレオゲルの食品応用における課題と認可の事例|Foovo独自調査

    トランス脂肪酸を含まず、飽和脂肪酸が少ない固体脂肪の代替品として近年、オレオゲル…

  6. 米Atlantic Fish Co、世界初の培養ブラックシーバスを発表

  7. ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設

  8. 米Aqua Cultured Foodsがギンコバイオワークスと提携、発酵由来シーフードの上市に向けて加速

  9. 微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物性ナマズをFuture Food-Techで初披露

  10. 培養肉セミナー動画(日本細胞農業協会理事・岡田健成氏)|2024年3月開催

  11. 精密発酵:8ヵ月にわたる企業・政府動向の全記録【Foovo独自調査】

精密発酵レポート好評販売中

最新記事

[ad01]

PAGE TOP