培養肉

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

 

このニュースのポイント

 

●培養肉パイオニアのモサミートが約20億円を調達

新たな出資者に三菱商事が加わる

●2021年上半期に欧州当局に承認申請を開始

2022年末までに欧州市場投入を目指す

 

 

オランダを拠点とする培養肉企業モサミートが新たに1630万ユーロ(約20億円)を資金調達した。

同社は9月にも約58億円を調達しており、今回の調達で、シリーズBラウンドの調達額は総額6300万ユーロ(約79億円)となった。

今回のラウンドで注目したいのは、新たに三菱商事が出資者に加わったことだ。

ほかの出資者には、スイスのベンチャーキャピタルであり本ラウンドを主導するBlue Horizon Ventures、トロントを拠点とするArcTern VenturesRubio Impact Venturersなどがいる。

モサミートは世界に先駆けて細胞から培養肉ハンバーガーを作った培養肉のパイオニア的存在

マーク・ポスト教授が培養肉ハンバーガーを持つこの写真を見たことある人もいるだろう。7年前、世界に初めて登場した培養肉バーガーは3500万円もする高価なものだった。

約3500万円するバーガーを持つマーク・ポスト教授 出典:Mosa Meat

当時、培養肉が食卓に並ぶのはまだ遠い先のことに思えた。しかし、先週シンガポールが世界で初めて培養肉の販売を許可したニュースに続き、香港発のAvant Meatsの資金調達、モサミートの新たな資金調達ニュースによって、より現実のものとなってきた。

欧州規制当局への承認申請は2021年前半

モサミートは欧州市場に参入予定だが、許認可取得に向けた正式な手続きをまだ開始していない

マーク・ポスト教授によると、欧州で許認可を取得するには、1年半ほどかかる。

同社は2021年前半に承認申請を開始し、2022年末までに市場に投入したいと考えている

モサミートがすぐに承認申請に動きださないのには理由がある。本格的な承認申請を始める前に、動物を全く使わない増殖培地を使って良い結果を出したいと考えているからだ

培養肉の開発では、細胞を増殖させるための培地が必要となる。

7年前のハンバーガーでは安価な培地を見つけられず、ウシ胎児血清(FBS)を使用していた。FBSは生まれていない子牛を使うため、動物を殺さない生産方法と言いながらも倫理的に問題があるほか、コスト高の要因になる。

2019年に培養培地からFBSを除去することに成功してからも、研究チームは完全にアニマルフリーな培地に向けて改良に取り組んできた。現在は1/88にまでコストダウンに成功している。

モサミートのチーム 出典:Mosa Meat

マーク・ポスト教授は「細胞に栄養を与える成分の多くは、現在のように医療産業ではなく、いずれは他の産業由来のものになるだろう」とみている。

今回のラウンドに参加した三菱商事の部門は農業の原材料を取り扱っているとし、「戦略上、当社にとって重要なパートナーだ」と語っている。

農業分野に取り組む出資パートナーは三菱商事のほかにNutrecoがいる。

モサミートは1月、動物栄養を生産するオランダのNutrecoと提携した。NutrecoはFBSに代わる植物ベースの血清開発で協業している。

前述のとおり、モサミートは承認申請を始める前に、動物を全く使わない増殖培地を使いたいと考えているため、許認可取得に向けてすぐには動きださない。

しかし、三菱商事とNutrecoという原材料にノウハウのある2社からの支援と新たに調達した資金で、増殖培地のさらなる改良に取り組み、市販化に向けて近づいていくだろう。

モサミートは2016年にマーク・ポスト教授が設立した培養肉スタートアップ。

同社のプレスリリースによると、これまでに調達した資金を、パイロット生産工場の拡大、工業規模の生産ラインの開発、チーム拡充、消費者への牛の培養肉紹介にあてるとしている。

 

参考記事

Mosa Meat gets $19.7M to scale up and continue moving toward cell-based meat products

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Mosa Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogen…
  2. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  3. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…
  4. 培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ
  5. スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェ…
  6. ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジ…
  7. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  8. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…

おすすめ記事

海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わるタンパク質源の「主役」となるか?

植物ベースの代替肉といえば、大豆、えんどう豆などが主流だが、数年後には、海藻が主…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP