代替プロテイン

イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表

 

3Dプリンターを活用して培養肉を開発するイスラエル企業MeaTechが、培養豚肉を大量生産するための研究開発を始動したことを発表した。

MeaTechはすでに牛肉、鶏肉の細胞株を開発しているが、新たに豚肉の細胞株開発にも着手する。

プレスリリースでMeaTechは、豚肉は世界で最も消費される動物肉であり、アメリカだけでも年間200億ドルの市場価値があることに言及。

同社が豚肉も生産できるようになると、牛肉、鶏肉に特化する他社培養肉との差別化ポイントとなり、対応可能な市場が拡大されることを意味する。

培養肉の開発で不可欠な「細胞株」

MeaTechは研究開発の初期では、安定した豚肉細胞株の開発に焦点をあてる。細胞株の開発後は、培養豚肉の生産をスタートする予定。

培養肉の開発では、細胞を培養して増殖するため、細胞が不可欠となる。しかし、細胞は一般に何回か分裂を繰り返すと、分裂を止め、死滅する。

これに対し、死滅することなく、無限に増殖できる状態を不死化といい、不死化した細胞のことを「細胞株」と呼ぶ。

出典:MeaTech

種がなければ目的の野菜を育てられないように、培養肉の開発においても、種となる「細胞株」の開発は重要な工程となる。

しかし、新しい細胞株の開発は、時間とリソースを要し、6ヵ月~1年半かかることが多い

培養肉の開発ではさまざまな細胞株が使用されているが、利用のしやすさ、どの細胞株を選別するか、細胞株の特性が開発の下流工程にどう影響するかを判断するために、さらなる研究が必要だとGFIは指摘している。

目指すのは、培養肉の工業的量産

MeaTechはナスダックテルアビブ証券取引所にMITCとして上場している、主要な培養肉企業。

イスラエルのネスジオア、ベルギーのアントワープに拠点を構える同社は、牛肉、鶏肉、豚肉など幅広い培養肉の開発に取り組むほか、植物肉をアップデートさせる培養脂肪の生産にも取り組んでおり、5月には培養脂肪の実証プラント建設を発表した。

出典:MeaTech

長期的にはバイオ3Dプリンターによるステーキなどブロック肉の開発も視野にいれているが、食品加工業者や食品ブランドなど肉のサプライチェーンにいるクライアントに培養肉生産技術をライセンス供与したいと考えており、培養肉の工業的量産の実現を目指している

CEOのSharon Fima氏はプレスリリースで次のようにコメントしている。

「当社の目標は、明日の肉を安全で、豊富に、持続可能なものにすることで、今後の農業革命をリードすることです。

MeaTechは、従来の工業畜産に代わる可能性のある培養肉技術を幅広く開発しており、その対象は牛肉、鶏肉、今では豚肉にまで及びます。

培養肉の製品ラインを追加することで、対応可能な市場を拡大し、さらに収益を生み出すことができます。

私たちの目標は、畜産で生産された豚肉とすべての点で同じでありながら、はるかにサステイナブルで、屠殺のない生産方法を提供することです」

(Sharon Fima氏)

豚肉は世界で最も消費されている動物肉だが、培養肉企業の多くは、牛肉や鶏肉に注力している。

現在、豚肉を開発対象としている企業には、Ivy FarmMeatableNew Age MeatsFuture Meatなどがいる。

これまでに培養肉を販売したのは、アメリカのイート・ジャストのみ。同社は2020年12月にシンガポールのレストランで培養肉料理を販売した。

イート・ジャストに続こうと、Future MeatUPSIDE Foods(旧メンフィス・ミーツ)など、アメリカでの許認可取得に向けて取り組みを進めている企業もいる。

 

参考記事

MeaTech Announces Launch of Cultivated Pork Development

MeaTech Says It Will Develop Cultured Pork Products

JCRB細胞バンク『組織の採取』と『細胞の培養』

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MeaTech

 

関連記事

  1. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  2. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  3. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  4. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…
  5. 国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功
  6. The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク…
  7. イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得…
  8. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…

おすすめ記事

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガーを発表

イスラエルのSavorEatは28日、3Dプリンターを搭載したロボットシェフのプ…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/30 19:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(09/30 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/01 05:30時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/30 15:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP