Foovo Deep

砂糖削減・代替砂糖ソリューションを開発するスタートアップ企業13社まとめ

 

砂糖の過剰摂取による健康上の不安から、砂糖のイノベーションに取り組むスタートアップが増えている。アメリカ心臓協会によると、アメリカでは成人の1日あたりの砂糖摂取量は平均小さじ17杯と、推奨量の2-3倍となっているという

砂糖関連ソリューションは大きく2つに分類できる。砂糖の削減砂糖の代替だ。

しかし、精密発酵による甘味タンパク質開発のように、砂糖の代替・削減を兼ね揃えている技術もある。技術全体を図解すると次のようになる。

Foovo作成

今回の記事では、砂糖削減・代替砂糖のソリューションに取り組む企業13社の技術概要、上市の動向などを一挙に紹介する。13社のうちイスラエル企業が7社と、砂糖関連ソリューションはイスラエルに集中しているのが特徴だ。

なお、Plug And Playからも代替砂糖に焦点をあてた記事が出ており、こちらも参照にされたい。

砂糖削減ソリューション【4社】

出典:Incredo

Better Juice(イスラエル)

Better Juiceは非遺伝子組換え微生物による酵素を使用して、果糖、ブドウ糖、ショ糖をプレバイオティクスな食物繊維やほかの難消化性繊維に変換し、天然のフルーツジュースやピューレなどに含まれる砂糖を最大80%削減している。

非遺伝子組換え微生物を固定化したバイオリアクターの中をジュースが通過すると、微生物の酵素によってジュースの糖類が食物繊維や難消化性糖質などに変換されるという仕組み。具体的には、ショ糖は食物繊維に、ブドウ糖はグルコン酸に、果糖はソルビトールに変換される。

出典:Better Juice

Green queenの報道によると、Better Juiceは17社と概念実証を完了。うち2社は、世界大手のオレンジジュースメーカーCitrosucoと、今年1月に提携が発表された世界的な食品原料メーカーのイングレディオンだ。

Better Juiceは欧州で新規食品承認に向けて申請済みであり、今後はカナダ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドへの進出も計画しているという。アメリカでは今年第4四半期の上市を目指している

2022年11月にイスラエルに商用工場を設置。年間2億5,000万Lのジュースを処理する能力を備える2022年にはドイツのGEAイノベーションセンターにパイロット施設を設置した

Better Juiceは今月、アメリカでGRAS自己認証ステータス宣言したことで、自社技術を使用した製品をアメリカで販売できるようになる。同社は2021年12月のプレスリリースでGRAS自己認証ステータスに言及しており、今回は対象が異なるのかもしれないが詳細は不明だ。

Incredo(旧DouxMatok)(イスラエル)

Incredoは砂糖の量を減らしつつも、甘さを変えない代替砂糖を開発した。砂糖の量は30-50%削減できる

担体に砂糖を搭載して重くさせ、この重さゆえに味覚受容体にとどまる時間を長くすることで、少ない量でも甘く感じられる仕組みだ。仕組みを図解したのがこちら▼

Foovo作成

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Incredo

 

関連記事

  1. イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養…
  2. 牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Culture…
  3. 二酸化炭素を使用して代替脂肪を開発するスウェーデンのGreen-…
  4. コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円…
  5. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  6. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  7. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  8. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

昨今、細胞培養による代替肉、代替乳製品、代替魚、代替コラーゲン、代替チョコレート…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

植物工場のスプレッドが40億円を調達、代替肉・いちごの新規事業を加速

京都を拠点とする植物工場スタートアップのスプレッドは今月、シリーズAラウンドで4…

EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy Foodsが約1.3億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする微細藻類スタートアップのQuazy Foods(旧称…

乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業Senara

ドイツのスタートアップ企業Senaraは先月、細胞培養によるミルクを低コストで生…

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanc…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP