Foovo Deep

米Ayana Bio、植物細胞培養でカカオなどの生理活性物質の開発を加速

 

アメリカ、ボストンを拠点とするAyana Bioは、カカオレモンバームエキナセアなどの生理活性物質を農業ではなく、植物細胞培養により生産している。

2021年に設立された同社は、バイオテクノロジー企業ギンコ・バイオワークスのスピンオフベンチャーであり、健康、ウェルネス、化粧品などの市場向けに生理活性物質を開発している。

植物細胞培養とは、地面で植物を成長させる代わりに、バイオリアクターの中で植物細胞に栄養を与えて増殖させて、目的成分を収穫する手法を言う。Ayana Bioによると、地面で成長して成熟するまで何年もかかる一部の植物とは異なり、植物細胞はわずか数週間で完全に成長し、原料として収穫されるという。

Ayana Bioは農業ではなく独自の植物細胞培養技術を活用して、健康とウェルネスに役立つ生理活性物質の提供を目指している。

製菓から健康・ウェルネスへとカカオを解き放つ

出典:Ayana Bio

Ayana Bioは今年1月、植物細胞培養によるカカオの生理活性物質生産を加速させるため、300万ドル(約4億円)を投入することを発表した

Ayana Bioによると、カカオには、糖尿病のリスク軽減や、消化、心血管の健康、認知、免疫をサポートする生理活性物質が含まれているが、従来の収穫方法では費用がかかり、持続可能ではない。カカオ生産は、児童労働、農家の貧困、害虫、気候変動、森林伐採などサプライチェーン面の課題をかかえている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ayana Bio

 

関連記事

  1. 「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性…
  2. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  3. 中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/…
  4. MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロ…
  5. The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を…
  6. 培養肉セミナー動画(日本細胞農業協会理事・岡田健成氏)|2024…
  7. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  8. 培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

Chipotleがトルティーヤチップス製造ロボット「Chippy」を発表

米国、カナダ、英国、フランス、ドイツで2,950を超えるレストランを経営している…

南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の培養肉バーガーを発表

南アフリカ、ケープタウンを拠点とする培養肉企業Mzansi Meatは2年の研究…

Fazerがソレインを使用した世界初のチョコレートバーをシンガポールで発売

フィンランドの食品メーカーFazerが、代替タンパク質ソレイン(Solein)を…

TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2023年の上市を目指す

シンガポール、アメリカに拠点を置くTurtleTreeは17日、精密発酵により世…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP