Foovo Deep

【創業者インタビュー】精密発酵でヒト母乳タンパク質を開発するPFx Biotech|健康と栄養に役立つ高価値タンパク質の創出

 

2022年に設立されたポルトガル企業PFx Biotechは、精密発酵によりラクトフェリンオステオポンチンα-ラクトアルブミンなどヒト母乳タンパク質を開発している。

精密発酵による食品生産開発は昨今、代替タンパク質分野で特に注目されている。これまでにパーフェクトデイのβ-ラクトグロブリン、The Every Companyの卵白タンパク質の販売が承認され、アメリカなど一部の市場では精密発酵タンパク質を使用した製品が販売されている。

乳タンパク質でまだ認可されていないものといえば、カゼイン、そしてヒトラクトフェリンだ(ウシラクトフェリンではTurtleTreeが先月GRAS自己認証を取得した)。

B2Bによるタンパク質原料提供を目指すPFx Biotechは、天然の母乳に存在する乳タンパク質であるラクトフェリン、オステオポンチン、α-ラクトアルブミンを開発している。

同社の合成生物学プラットフォームは牛の乳タンパク質生産にも対応しているが、現在の焦点はヒト母乳タンパク質であるラクトフェリン、オステオポンチン、α-ラクトアルブミンだ。

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のAli Osman博士は、「PFx Biotechはトレンドに追随するだけでなく、栄養の新たな基準を作ろうとしています。精密発酵を活用することで、タンパク質を持続可能に製造できるだけでなく、栄養価が高く、健康増進特性を持つタンパク質の製造が可能になります」とFoovoに述べた。

「精密発酵によるHMOはあるが、ヒト母乳タンパク質はない」

イメージ画像

ヒト母乳タンパク質の開発に取り組む理由について、Osman博士は個人的体験を含めた4つの理由を語った。

Osman博士の息子は牛乳タンパク質にアレルギーを持つ。母乳で育てていた時は母乳タンパク質を消化できるため問題なかった。子供が乳タンパク質を含む食事に移行したとき、アレルギー反応が始まり、それは子供と両親にとって大変な心配事となったという。

「ヒト母乳タンパク質を使用した市販の乳児用調製粉乳がなぜないのか、疑問がわきました。現在、乳児用調製粉乳に使用されているヒトミルクオリゴ糖(HMO)は市販されているのに、です。これが、ヒト母乳タンパク質を開発しようと思った最初の理由です」

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

インタビュー実施時期:2023年10月末

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:PFx Biotech

 

関連記事

  1. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…
  2. 韓国政府、2022年の国家計画に培養肉のガイドラインを追加
  3. VowとORF Genetics、アイスランドで欧州初の培養肉試…
  4. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  5. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  6. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発…
  7. Colloが開発した、電磁場を利用して牛乳工場の損失を防ぐ「液体…
  8. ZIKIがロボットキッチンのBowlton Kitchensを買…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがアイスクリーム企業を買収、精密発酵タンパク質の普及がさらに加速

パーフェクトデイの子会社であるThe Urgent Companyが2021年1…

精密発酵でカゼインを開発するEden Brewが約37億円を調達

オーストラリアの精密発酵企業Eden BrewがシリーズAラウンドで2,500万…

モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大

オランダの培養肉企業モサミート(Mosa Meat)は先月、生産施設を7,340…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP