デリバリー

米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配達を開始

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

米セブン-イレブンは1日、自動運転車による試験的なデリバリーをカリフォルニア州マウンテンビューで実施することを発表した

自動運転車スタートアップ企業Nuroとの提携による。自動運転車による商品配達はカリフォルニア州では初で、消費者はセブン-イレブンの専用アプリ「7NOW」を通じて配達を注文できる。

試験プログラムでは、Prius(プリウス)による自動配達サービスを開始する。初期では運転席にドライバーが乗車した状態でサービスを提供。ドライバーは安全確認のためにモニタリングするが、消費者に商品を手渡しすることはない。

最終的には、無人で商品を配達するために作られたR2配送車を使用する

R2自動運転車 出典:Nuro

消費者はアプリ「7NOW」で商品を購入する時に、自動配達を選択する。自動配送サービスは8時~21時の間、毎日利用可能で、注文した商品は約30分で配送される。

自動運転車が到着したら、自動車後部から商品を取り出す。このサービスはカリフォルニア州マウンテンビューの住人が利用でき、追加料金は要求されない。

Nuroはこれまでクローガー、ドミノピザ、ウォルマートと自動配達サービスの提供で提携してきた。ヒューストンのドミノピザは、NuroのR2配送車を使用したピザの自動配達を今年4月にスタート。ウォルマートとは2019年12月に、試験的な自動配達プログラムの実施で提携している

出典:Nuro

NuroのCEOであるJiajunZhu氏は「私たちは常に、Nuroの自動配達を地域のコミュニティや近隣のみなさんに届けたいと思っていました。故郷のマウンテンビューにあるセブン-イレブンという、地域の象徴的な店でこれを実現できることに非常に感激しています」とコメントしている。

Nuroとの試験プログラムが、カリフォルニア州以外の店舗へ拡大するタイミングについては言及されていない。

セブン-イレブンは2016年にドローンによる最初の自動配達を実施した。同社は北米で16,000店舗を展開しており、他地域への導入が注目される。

 

参考記事

7-Eleven and Nuro Team Up to Launch First Commercial Autonomous Delivery Service in California

7-Eleven & Nuro Launch California’s First Autonomous Delivery Service

7-Eleven has teamed up with Nuro to offer automated deliveres in Mountain View

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:セブン-イレブン、Nuro

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業…
  2. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…
  3. 食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery…
  4. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…
  5. 未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に…
  6. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  7. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  8. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…

おすすめ記事

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP