3Dプリンター

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

 

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は7日、独自の3Dプリンティング技術で生成された培養霜降り牛肉を発表した。

バイオ3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉

出典:Steakholder Foods

Omakase Beef Morselsと名付けられた100%細胞培養による霜降り牛肉は、ウシ幹細胞を分化させた筋肉組織と脂肪組織の複数の層で構成されている。

各層は筋肉、脂肪用の異なるバイオインクを使って別々に3Dプリントされる。切り身のジューシーさや霜降りなどに影響する筋肉・脂肪の層は、さまざまな配列に調整できるという。

Steakholder Foodsの技術により、任意の形状、幅、霜降り率で製品を生成することが可能になり、和牛を連想させる霜降り精度を超えることさえ可能だという。また、3Dプリンターを活用することで、製品を一貫して、大量に提供することも可能になる。

今回発表された培養霜降り牛肉は、同社が最近出願した、連結した構造内でさし生成の制御を可能とするバイオ3Dプリンティング特許技術の成果となる。Steakholder Foodsは「stacked, multi-layered meat-emulating consumable」という仮出願中の特許について、3Dプリンティングのエンジニアと細胞生物学者による集中的な協力による成果だとしている。

「培養肉部門全体のブレイクスルー」

出典:Steakholder Foods

Steakholder Foodsは昨年12月、バイオ3Dプリンターを用いて100グラムを超える培養ステーキの生産に成功したことを発表した。

過去1年に実現した技術的な進展として、細胞の生存率に影響を与えずに、複雑な肉製品を工業的生産速度で正確に生産できる独自のマルチノズルモジュラープリントヘッドの開発や、筋肉組織に外力を付与することで高品質で複雑な構造の肉を作るシステム・方法の開発などを挙げている。

また、畜産肉の重要な特性を反映するために、筋繊維形成の加速・強化で大きな前進があったことも報告している。

Steakholder Foodsは先月、iPS細胞を使用した培養豚肉の開発を開始することを発表した。同社は、ベーコン、ポークチョップ、ハムなどの構造化された豚肉製品の開発時間を短縮するために、大手iPS細胞株プロバイダーと提携している。

出典:Peace of Meat/MeaTech

7月には培養シーフードを手掛けるUmami Meatsと提携し、開発対象にシーフードを追加した。培養脂肪を開発する傘下のPeace of Meatが培養ハイブリッド肉の開発で英ENOUGHと提携するなど、市販化に向けた準備を進めている。

今回の培養霜降り牛肉発表についてCEOのArik Kaufman氏は、「この製品は、私たち、そして培養肉部門全体にとって大きなブレイクスルーです(中略)。これは、肉の『聖杯』であるステーキを完成させるという私たちの目標における重要なマイルストーンでもあります」とコメントしている。

これまでに培養肉の販売が認可された唯一の国はシンガポールとなる。Foodnavigatorの報道によると、Steakholder Foodsから最初に上市される製品は鶏の培養脂肪になる可能性が高いという。

 

 

参考記事

Steakholder Foods™ announces Omakase Beef Morsels, a first-of-its-kind, highly marbled 3D-printed 100% cultured beef cut

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Steakholder Foods

 

関連記事

  1. Motif FoodWorks、分子農業でヘムを開発するためパー…
  2. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表
  3. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  4. 【現地レポ】精密発酵乳タンパク質を使用したミルクを試食@シンガポ…
  5. Fooditiveが精密発酵カゼインの生産拡大を発表、欧州進出に…
  6. Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近
  7. 【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな…
  8. 子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDIBLE Eats

食事で使用されるプラスチック製品を減らすために、食べられるスプーンが登場した。…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

Fresh Insetが開発した食品鮮度保持技術Vidre+Complex、ポストハーベスト業界を超えた包装革命に期待|セミナーレポート

食品ロスの多くは、野菜や果物が収穫されてから消費されるまでの、保管、輸送、販売、…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

ビール酵母をアップサイクルして代替タンパク質を開発するRevyve、今年商用生産を開始予定

代替タンパク質開発において、アップサイクルを取り入れる企業が増えている。…

コカ・コーラ、ペットボトルなど容器を回収するリバース自販機を発表

写真はOlynsがデザイン、開発したOlyns Cubeコカ・コーラは今月、…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP