代替プロテイン

ChickPがひよこ豆由来のクリームチーズ、チェダーチーズを開発

 

イスラエルのフードテック企業ChickPは、ひよこ豆タンパク質粉末からクリームチーズ、チェダーチーズの開発に成功したことを発表した

ChickPによると、ひよこ豆由来のチェダーチーズとクリーム チーズの試作品は栄養価が高く、見た目も味も本物に匹敵するものだという。従来の発酵法を使用して作成されたクリームチーズは、ひよこ豆単離物、水、ココナッツオイル、デンプンなどシンプルな成分を使用している。

ChickPの特許取得済みのひよこ豆単離物は、タンパク質含有率が90%と高い。同社はひよこ豆単離物を使用してこれまでに、アイスクリームマヨネーズコーヒークリーマーなどの試作品を開発している。

同社は現在、エメンタール、パルメザン、モッツァレラなど人気のあるチーズの代替品を開発するため、代替乳製品企業や乳業メーカーにChickPの原料、レシピ、技術的支援を提供している。

ChickPでCEO(最高経営責任者)を務めるLiat Lachish Levy氏は、代替乳製品市場で鍵となるのがフレキシタリアンだと考えている。

同氏は、「彼らは、代替品が本物の乳製品と感覚的、栄養的に匹敵していれば、代替品を食べたいと考えています。これがまさに、業界が埋めようとしているギャップです。一部の代替チーズ企業は官能的な側面では成功していますが、多くの場合、求めている栄養バランスを犠牲にしており、逆もまた然りです」と述べている。

昨今、精密発酵によるチーズ開発を目指すスタートアップが増えているが、ChickPは代替チーズの開発において、従来の発酵法を使用することを重視したとしている。

 

参考記事

ChickP Protein stars in compelling dairy cheese analog

ChickP Develops Cream & Cheddar Cheeses With Traditional Fermentation Methods

Cream-cheese-and-cheddar-cheese-made-from-chickpeas

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nimrod Genisher氏

 

関連記事

  1. 培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを1…
  2. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  3. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発…
  4. UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都…
  5. Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表
  6. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  7. 植物ミルクをより持続可能に:英MYOMが開発した新タイプのオーツ…
  8. 奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミート…

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。…

再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養肉」をテーマに集結

先月開催された第21回日本再生医療学会総会では初の試みとして、「培養肉開発の現状…

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリー…

【現地レポ】シンガポール・スーパーマーケットでの精密発酵食品の販売状況を調査

微生物を工場として特定成分を生成する精密発酵に対する関心は国内でも高い。最近では…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP