代替プロテイン

米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベーコンで特許を取得

 

アメリカ、ポートランドの代替タンパク質企業Thrilling Foodsは、植物由来の代替ベーコン「Bakon」を全米で販売している。

同社はこのほど、層状の脂肪を含んだ植物ベーコン作成に関する米国特許を取得した。

Thrilling Foodsは独自技術により、植物成分を使って豚ベーコンの風味と食感を再現しており、「Bakon」は本物のベーコンのように脂肪を層状に含んでいる。

Bakon」は、料理人であり、起業家であるDavid Jones氏によって作成された。2021年1月にオレゴン州ポートランド郊外のスーパー「Beaverton Farmers Market」で販売を開始後、地域の食料品店「New Seasons Market」に販売を拡大した。顧客の反響は大きく、起業家Jared Hansen氏の助けを得て、Thrilling Foodsを設立したという

Bakon」は豆乳と持続可能な認証を受けたパーム油、酵母エキスなど、植物成分を使用しており、ビーガン向けのベーコンとなる。従来の豚ベーコンのように調理することが可能だ。

出典:Thrilling Foods

Thrilling Foodsは動物脂肪が調理中に放出されるように、タンパク質構造にコレステロールを含まない脂肪を保持し、調理中に放出する画期的なタンパク質構造を開発した。

米国特許(US11464239B2)によると、Thrilling Foodsの生産プロセスでは、脂肪層や赤身層に振動、圧力、加熱、せん断力などの物理的作用を加えることで、脂肪を保持したタンパク質構造を構築している。

Thrilling Foodsは需要の増大から、3度目の施設拡大を実施し、生産を1日2,000ポンド(約900キログラム)以上にスケールアップすることを計画している。

 

参考記事

Thrilling Foods’ Bakon™ Receives U.S. Patent For World’s First Fatty & Lean Protein Streaked Plant-Based Bacon

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Thrilling Foods

 

関連記事

  1. 代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.…
  2. 培養肉企業のパイオニア、モサミートがオランダに培養肉工場を開設
  3. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  4. 微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyn…
  5. Vivici、欧州企業で初となる精密発酵タンパク質のGRAS自己…
  6. CSIROが支援するEden Brewが約6.4億円を調達、精密…
  7. Nature’s Fyndが菌類由来のヨーグルトを開発、来月から…
  8. Farmless、二酸化炭素によるタンパク質生産に向けて約1.8…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円を調達、精密発酵の課題解決へ

機械学習を使用してタンパク質収量を増加させるイギリスのバイオテック企業Eden …

イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを発表、2024年に本格販売へ

イスラエルのフードテック企業Plantishは、植物原料を使った代替サーモンの切…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で合意

テルアビブを拠点とする培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は、欧州市場…

培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変更、年内に培養鶏肉の販売を目指す

世界で最初に培養肉バーガーを発表し、話題を呼んだオランダ企業モサミートとあわせて…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP