Foovo Deep

Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変えるインタラクティブディスプレイ

 

 

このニュースのポイント

 

消費行動の「文脈」を読むスマート冷蔵食品棚ドア

動的な広告表示で売上向上

●来年にはアメリカのドラッグストア・ウォルグリーン2500店舗に導入予定

●10月に約82億円を調達

 

 

店内に入って、冷蔵食品棚へ行き、コカ・コーラボトルを手にする。

この何気ない購買活動を一気に変えるデジタル製品が登場した。

Cooler Screensだ。

Cooler Screensは冷蔵食品棚のドアになるスマートディスプレイ

消費者が前に立つと、動的な映像に切り替えたり、テレビCMのような広告映像を映し出したりして、購買意欲をかきたてる

消費者は映像を見て、買うつもりのなかった商品も手に取ってしまう。

Cooler Screensは米国ドラッグストアチェーンのWalgreens(ウォルグリーン)50店舗に導入されており、今後は2500店舗に導入が拡大される予定。

10月には8億ドル(約82億円)を調達した。

これまでの購買をインタラクティブに変身させるスマートディスプレイCooler Screensは、どんな可能性を秘めているのだろうか?

消費者の「文脈」を読むインタラクティブなCooler Screens

出典:Cooler Screens

Cooler Screensはシカゴを拠点とするスタートアップ。

カスタマーエクスペリエンスを抜本的に変える、食品棚用デジタルディスプレイを開発している。

誰もが店内で透明なガラス張りの冷蔵食品棚を使用したことがあるだろう。

従来の冷蔵食品棚は、ガラス張りで中が見える状態になっている。

陳列棚の前は、消費者がどの商品を買うかを決める、重要な場所といえる。

出典:Cooler Screens

もしここで、消費者に商品の詳しい内容を表示したり、ほかにおすすめな商品を表示できたりしたらどうだろう?

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  2. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  3. 培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソ…
  4. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  5. 精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億…
  6. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン
  7. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  8. ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKv…

おすすめ記事

細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Culturedが約4億5000万円を調達

細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedがシー…

UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都内レストランに登場

シンガポール、日本に拠点を構えるUMAMI UNITEDが開発した植物性の代替卵…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード資金を調達

エストニアの培養肉スタートアップ企業Gelatexはシードラウンドで120万ドル…

オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提携

オランダの培養肉企業Meatableは、手頃な培地の共同開発でオランダの総合化学…

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP