アップサイクル

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

 

韓国の代替肉スタートアップZikooinは先月、2300万ドル(約26億円)を調達した

ラウンドにはPrimer Sazze PartnersIMM InvestmentA VenturesEnvisioning Partnersに加え、KDB BankSTIC VenturesPremierPartnersCrit Venturesが新たに出資に参加した。

これによりZikooinの調達総額は2480万ドルとなった。同社は調達した資金で堤川市に新しい植物肉工場を建設する。

海外6市場に進出する代替肉企業Zikooin

出典:Zikooin

Zikooinは廃棄される穀物、オーツ麦、ナッツなどの原料に植物原料を加え、代替肉ブランド「Unlimeat」を開発している。

Unlimeatには薄切り牛肉のほか、パテ、ミンチ肉、プルドポーク、ミートボールなどさまざまな商品が含まれ、台湾、香港、中国本土、ベトナム、オーストラリア、アメリカで販売されている。

最近ではビーガンチェダーチーズを発売し、代替乳製品にも参入した。

アジア最大規模の植物肉工場を来年稼働

出典:Zikooin

資金調達にあわせ、Zikooinは2022年上半期までに新しい植物肉工場「Clean Meat Factory」の稼働を開始することを発表した。

この工場の規模は8,910㎡で、堤川市の第3工業団地にある14,650平方メートルの土地に建設される。プレスリリースによると、「アジア最大規模の植物肉工場の1つになる」という。

創業者兼CEOのKeum Chae Min氏は、「生産能力の増強のために大規模なインフラ投資を実施しました。これにより、私たちは代替肉セクターを主導し、輸出市場シェアを拡大することが可能になります」とコメントしている。

Zikooinは韓国国内では、大手コンビニエンスチェーンCUやドミノピザと提携して、その存在感を高めてきた。CUは韓国で最も人気のあるコンビニエンスチェーンで、ベジタリアン製品のラインアップで協業している。

出典:Zikooin

代替肉企業の多くは、ひき肉、チキンナゲット、ソーセージなどの開発に従事しており、牛薄切り肉に取り組む企業は多くない。

同じく薄切り肉の開発も手掛ける日本のフードテック企業ネクストミーツは、カルビ、ハラミの代替食品を焼肉店にいちはやく導入して話題になった。

同社は今年、歯ごたえと見た目を大幅に改善した「NEXTカルビ2.0」をリリース、今月にはアメリカで自社ECサイトの販売を開始、アメリカでの本格展開を始動した

ネクストミーツはアジアンテイストかつ薄切り肉という独自性を武器に、来年にはナスダック上場を目指している。

 

参考記事

Zikooin Company Raises USD 23 Million

South Korean Vegan Beef Maker to Build One of the Largest Plant-Based Meat Factories In Asia

 

関連記事

関連記事

  1. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  2. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  3. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…
  4. エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発す…
  5. ヒマワリ種子のオレオソームで代替脂肪を開発するTime-trav…
  6. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  7. 培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bio…
  8. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

CulNet Systemからイネ、微細藻類を活用した低コストで持続可能な培養液開発の今|第5回細胞農業会議レポート

培養肉の生産コストの大部分を占めるといわれるのが、細胞を育てるために必要な培養液…

ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Foodsがプレシード資金を調達

イスラエルの植物分子農業企業Finally Foodsは今月、The Kitch…

米Optimized Foods、食品廃棄物と菌糸体を活用した持続可能な細胞培養キャビアを開発

食品廃棄物を有効利用して代替パーム油、代替メチルセルロース、代替ミルク、ジュース…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを初発売、スーパーでも販売開始

オーストリア企業Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを発売…

Sophie’s BioNutrientsがクロレラ由来の乳白色アイスクリームを開発

シンガポール、オランダを拠点とする微細藻類タンパク質のB2B企業Sophie's…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP