Foovo Deep

Colloが開発した、電磁場を利用して牛乳工場の損失を防ぐ「液体指紋」技術

 

インフレによるコストの高騰と二酸化炭素排出量削減への関心の高まりを受けて、乳製品工場における製品ロスの管理がますます重要になっている。

フィンランドに拠点を置くColloは、乳製品工場で製品ロスが発生する主な理由の1つとして、タイミングやパラメータが正しく設定されておらず、貴重な乳製品が排水と共に流されていることを指摘している。

同社が「液体指紋」と呼ぶ独自技術は、パイプ内のあらゆる種類の液体をリアルタイムで検出することで漏えいと発生部位を特定し、生産の最適化と製品ロスの削減に寄与するという。

経済的・環境的な両面から排水への牛乳漏出を解決

出典:Collo

欧州では、この2年で生乳コストが64%上昇した。牛乳は利益率が低いため、多くの工場にとって、製品ロスを最小限に抑えることは戦略的に重要となる。乳製品生産における二酸化炭素排出量を削減するという必要性からも、工場での牛乳損失の削減が求められている。

Colloは、経済的・環境的な両面から排水への製品ロスに対処するソリューションを開発した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Collo

 

関連記事

  1. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…
  2. Nature’s Fyndが菌類由来のヨーグルトを開発、来月から…
  3. 2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、C…
  4. All G Foodsが約24億円を調達、細胞農業に特化したVC…
  5. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…
  6. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…
  7. 酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Fo…
  8. MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表

チェコの培養肉企業Meweryは、培養豚肉細胞と微細藻類をブレンドした培養肉のプ…

独GoodBytzが開発した1日3,000食を調理できるロボットキッチン

ドイツのスタートアップ企業GoodBytzは、1日最大3,000食を調理できるロ…

精密発酵で乳タンパク質を開発するBon Vivantが約24億円を調達、2025年の米国進出を目指す

画像はイメージ精密発酵で乳タンパク質を開発するフランス企業Bon Vivantが今月、シードラウ…

培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パイロット工場の完成・年内にテスト販売へ

細胞を培養して水産物を開発するBlueNaluが6000万ドル(約62億円)を調…

【4/23】ポーランド企業Fresh Inset:ウェビナー開催のお知らせ|食品の鮮度を延長する最新技術

本セミナーは終了しました。▼セミナー動画はこちらからご覧いただけます。…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP