Foovo Deep

タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14億円を調達

 

タバコ植物を活用して培養肉の生産コスト削減を目指すBioBetterがシリーズAラウンドで1000万ドル(約14億円)を調達した。

Jerusalem Venture Partners(JVP)がラウンドを主導し、Milk & Honey Ventures、イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁が参加した。

BioBetterは培養肉生産のボトルネックとされる成長因子のコスト削減を目指し、2015年にイスラエルに設立された。

プレスリリースによると、現在、FGF2などの成長因子は1グラムあたり5万~50万ドルの費用がかかるが、BioBetterの技術により、1グラムあたり1ドルに下げられる可能性があるという。BioBetterは調達した資金で来年にも生産をスケールアップし、2024年までに、タバコ植物を活用した食品グレードの成長因子の商業化を目指す。

出典:BioBetter

BioBetterは、タバコ植物(Nicotiana tabacum)をアニマルフリーなバイオリアクターとして活用し、成長因子を生産するための独自のタンパク質生産プラットフォームを開発した。野外で栽培されたタバコ植物は、インスリン、トランスフェリン、FGF2など、よりコスト競争力のある成長因子が求められる市場に、持続可能で効率的かつ新しいソリューションを提供する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BioBetter

 

関連記事

  1. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  2. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…
  3. フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功
  4. パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-serv…
  5. スペインのLibre Foodsが菌糸体由来の代替鶏胸肉を発表、…
  6. 【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな…
  7. Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業…
  8. 【2024年】培養魚企業レポート販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission Barnsがシ…

イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発

代替卵に新たなトレンドが生まれつつある。アメリカのJUST Eggに代表…

微細藻類で代替シーフード市場を目指すカナダのSmallfood

カナダ企業Smallfoodは独自の微細藻類株とバイオマス発酵プロセスにより、わ…

ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携

ネスレが精密発酵市場に参入する。ネスレは12日、精密発酵により乳タンパク…

菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販売をスタート、24時間で完売に

菌糸体由来のブロック肉を開発するアメリカ企業Meati Foodsは14日、自社…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP