代替プロテイン

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

>> <<

 

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesとの提携を発表した。

TurtleTree Scientificは培養母乳を開発するTurtleTree Labsの細胞農業部門として今年はじめに設立されたシンガポールのスタートアップ。

TurtleTree Scientificは培養肉の大量生産のハードルとされる増殖培地のコストダウンを目指している。今回の提携で、JSBiosciencesはTurtleTree Scientificに食品級の基礎培地と培地組成のサービスを提供する。

出典:TurtleTree Scientific

培養肉の商用化を阻む1つの要因が、生産コストとされる。

入手しやすく、低価格で、動物由来ではない増殖培地を使用できれば培養肉の生産コスト削減につながるが、多くの培養肉企業にとって、「手頃な増殖培地」は大きな課題となっている。

現在、培養肉業界全体では高コストで倫理的に問題のあるFBS(ウシ胎児血清)を使わない方向へのシフトが見られる。

培養肉のパイオニアであるモサミートは自社技術ですでに培地からFBSを除去することで生産コストを1/88に落とすことに成功しており、最初からFBSを含まない培地を使わない選択肢をとるテキサスのスタートアップ企業もいる。

こうした培養タンパク質を作るプレーヤーだけでなく、安価な培地を提供する側で最初からイノベーションに取り組む企業もいるが、そのほとんどが資金調達のフェーズにあり、商品化はまだ先という状況となる。

TurtleTree Scientificもその1社になろうとしているが、今回提携したJSBiosciencesは有望なパートナーとなりそうだ。

というのも、哺乳動物細胞用培地を大量生産している実績があるからだ。

プレスリリースによると、今回の提携により「低コストな上流工程」が確立された後、JSBiosciencesはTurtleTree Scientificがシンガポールでパイロット生産と商用生産を実現するのを支援する。

2社の提携は、TurtleTree Scientificのクライアントが、細胞農業の大量生産を実現するために完全な培地ソリューションを必要な価格で入手できるようになることを意味する。

出典:TurtleTree Labs

同社は今年になって、バイオテクノロジー企業Dyadic Internationalとの提携も発表している。

このパートナーシップでは、バイオリアクターで低コストかつ高収率で生産できる組換えタンパク質による成長因子の開発を目指している。

増殖培地に添加する成長因子は細胞の成長に欠かせないものだが、成長因子にかかる費用は培養肉全体の55-95%を占めるともいわれ、安価な成長因子が求められている。

培養肉への投資熱は高まる一方で、2020年には前年の6倍となる3億6000万ドルが培養肉企業に集中した。

先月には培養肉企業としては初めてイスラエルのMeaTechが米国上場を果たした。今年になってから3ヶ月ですでに14社が出資を受けている。

培養肉の大衆化まで5年とみる向きもあるが、TurtleTree Scientificなどによる培地、成長因子といった周辺技術の研究が加速していけば、そのタイムラインも現実味を帯びてくる。

 

参考記事

TurtleTree Scientific and JSBiosciences enter into a strategic partnership for the development of cell culture media and contract manufacturing services

TurtleTree Scientific Partners With JSBiosciences to Develop Cell Culture Media at Commercial Scale

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TurtleTree Scientific

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. SuperMeatの培養肉試食に特化したレストランがオープン|顧…
  2. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  3. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  4. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  5. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  6. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  7. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  8. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…

おすすめ記事

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。…

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達し…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.9億円を調達

「10年前にテスラが登場したとき、テスラは車を持つ人すべてをターゲットにはしていませ…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始

イスラエルのピザハットは今年6月からドローンによる試験配達を開始する。ピ…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP