新しい食

コロラド州の植物肉バーガー企業が米MeliBioの代替ハチミツをメニューに採用

 

アメリカ、コロラド州の主要な植物肉バーガーチェーンMeta Burgerは先月、米スタートアップ企業MeliBioと提携し、世界初の蜜蜂フリーな代替ハチミツをメニューに取り入れることを発表した

コロラド州の消費者は今月、MeliBioの代替ハチミツを使用した料理を試せるようになる。

MeliBioは昨年、サンフランシスコやニューヨークのレストランで同社ハチミツの提供を開始した。昨年12月には、欧州最大の有機食品生産者の1つであるNarayan Foodsと協業して、2023年第1四半期に欧州の75,000店舗で製品を発売することを発表した

コロラド州にMeiBioの代替ハチミツが導入されるのはこれが初となるが、代替ハチミツを使用したメニュー提供は2月の期間限定のようだ。

コロラド州の植物肉バーガー企業が米MeliBioの代替ハチミツをメニューに採用

出典:MeliBio

受粉を担う蜜蜂は作物の栽培、成長に不可欠な存在だが、生息地の破壊、農薬の使用、気候変動によって蜜蜂個体数は減少の一途をたどっている。最近の研究によると、世界には2万種の野生・在来の蜜蜂がいるが、2006年から2015年にかけて特に急速に減少し、4分の3しか存在を確認されていない

2020年に設立されたMeliBioは、精密発酵と植物生物学を活用することで、見た目、味、機能が従来のハチミツに匹敵する持続可能な代替ハチミツを開発している。

消費者は1月、Meta Burgerのサイトで3つのオプションから好きなメニューに投票する機会を得た。最も票を獲得した料理が今月、Meta Burgerの全店舗・オンラインで販売される。

Meta Burgerの共同創業者Michael Reeves氏は、「Meta Burgerは、おいしくてサステナブルな食品をより身近なものにしています。サステナブルでビーガンなハチミツを作り出した企業とコラボすることは私たちの使命と一致しています」とコメントしている。

代替ハチミツを開発するスタートアップ企業

出典:MeliBio

畜産業による環境負荷を軽減するために国内外で数多くのフードテック企業が登場しているが、ハチミツに焦点をあてる企業は少ない。

合成生物学を駆使して本物のハチミツの再現に取り組んだ企業はMeliBioが初だが、昨年、オランダのFooditiveも精密発酵技術を使用し、カゼインタンパク質に加え、蜜蜂を使用しないハチミツ「Bee-free-Honey」の開発に取り組んでいることを発表した。

Fooditiveは代替脂肪から乳化剤、増粘剤、甘味料、代替塩などさまざまな製品の開発に取り組んでおり、今年始めにも「Bee-free-Honey」の試験を計画しているという。

 

参考記事

Meta Burger Will be the First US-Based Burger Chain to Offer MeliBio’s Plant-Based Honey Made Without Bees

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MeliBio/Meta Burger

 

関連記事

  1. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  2. 「砂糖を再発明する」妥協なき代替砂糖の開発に挑戦するイスラエル企…
  3. 精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.6億円を調達…
  4. ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチ…
  5. 米Sweegenが精密発酵による甘味タンパク質でFEMA GRA…
  6. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  7. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  8. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を開催

7日、オイシックス・ラ・大地と同社ファンドのFuture Food Fundが「…

英SEERGRILLSが開発した3分でステーキを焼き上げるAI搭載グリルPerfecta

イギリスのスタートアップSEERGRILLSは、わずか3分でステーキを焼けるAI…

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資金を調達

次世代自販機を開発するBolkが、シードラウンドで400万ユーロ(約5億2000…

中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培養鶏肉の開発に成功

中国・杭州を拠点とする培養肉企業Jimi Biotechnology(极麋生物)…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP