代替プロテイン

チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売を開始

>> <<

チリの代替プロテインスタートアップのNotCoが米国に進出した。

NotCoは11月1日から全米のホールフーズで代替ミルク「NOT MILK」の販売を開始。全脂タイプ(Whole)と脂肪分2%の低脂肪タイプ(2% Reduced Fat)が発売される。

出典:NotCo

今回の米国進出前の9月、同社は約89億円の資金調達に成功していた。その使途に米国をはじめとする海外展開に言及しており、それが現実となった形だ。

NOTMILKを取り扱うホールフーズ 計算すると50店舗はある 出典:NotCo

NotCoの代替ミルクは、えんどう豆、パイナップル、ココナッツ、キャベツなど複数の植物をベースとしているのが特徴。自社の人工知能(AI)を搭載した機械学習ソフトウェアGiuseppeを用いて、独自に蓄積した膨大な植物プロファイルから、動物性たんぱく質にマッチする理想的な植物成分を割り当てる。

出典:NotCo

つまり、生物学的に加工された食品を作るのではなく、既存の食品を分類し、どの植物成分を組み合わせれば代替したい動物製品に近くなるかに焦点を当てている。こうして、肉や乳製品の味だけでなく、食感、匂い、口当たりを再現している。

NotCoの代替ミルクを1日1本飲むと、

 

●シャワー52分で使う水

●電球12時間分の電気

●車で25マイル走行すると排出される二酸化炭素

 

を節約できるという。

NotCoは代替ミルクのほかに代替マヨネーズ、代替肉、代替アイスクリームなど、特定の製品に特化しない施策を打ち出していたが、現在ホームページにある製品は代替ミルクの「NOT MILK」のみとなっている。

創業メンバー、左からKarim Pichara、Matías Muchnick、Pablo Zamora 出典:NotCo

米国で代替ミルクを展開するスタートアップはほかに、OatlyTake Twoなどがある。

スウェーデン発のOatlyは代替ミルクOATMILKを全米の小売・オンラインショップで販売している。Take Twoは2020年に設立されたオレゴン発のスタートアップで、大麦プロテインを使ったミルクを開発している。

このほか、代替肉の代表格インポッシブルフーズは先月、代替ミルク「インポッシブルミルク」を開発中であることを発表したばかり。

NotCoはこうした競合と戦っていくことになる。

同社はこれまでに総額1億1500万ドル(約120億円)を調達しており、出資者にはアマゾンの共同創設者であるジェフ・ベゾスによるベンチャー・キャピタルベゾス・エクスペディションズ(Bezos Expeditions)がいる。

共同創業者のMatías Muchnickはテッククランチのインタビューに、2024年までに事業の7割を米国拠点としたいと語っており、ホールフーズでの販売開始はこの第一歩となった。

 

参考記事

NotCo’s Milk Alternative Launches in the U.S. Today

Oat Milk Pioneer Oatly Raises $200 Million on $2 Billion Valuation

Competing with both Perfect day and beyond meat, Chile’s NotCo raises 85 million to expand to the US

 

 

アイキャッチ画像の出典:NotCo

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ
  2. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  3. 細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千…
  4. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  5. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  6. 大平シェフのベジ料理・通販「366vivi」を食べてみた正直な感…
  7. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  8. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…

おすすめ記事

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約94億円を調達

Pairwiseは収量も栄養もあるのに、匂いなどの理由で人気のない食品を、ゲノム…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/31 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/31 07:57時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP