代替プロテイン

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンドで220万シンガポールドル(約1億8000万円)を調達した。

Float Foodsは植物ベースの代替卵を開発しているが、競合他社の多くが液体卵を開発するのと異なり、卵黄・卵白に分かれた全卵タイプの代替卵を開発している。

写真では本物と見分けがつかない植物卵OnlyEgは豆果(マメ科植物のこと)を原料に作られる。

プレスリリースによると、OnlyEgは鶏卵に匹敵するタンパク質、ビタミンを含む

OnlyEg(上)と本物の鶏卵(下) 出典:Float Foods

市場にある植物卵は、卵黄と卵白が混合された液体卵が多く、スクランブルエッグ、オムレツ、ケーキなど調理法が限られる。

これに対し、OnlyEgが市販化されると、調理過程で卵黄と卵白を維持しなければならない半熟ゆで卵目玉焼きなどの料理が可能となり、料理のアプリケーションが広がる。

Float Foodsは今年3月にシンガポールの政府系投資会社テマセクから助成金を受けた(金額は非公開)。

今回のラウンドは、DSG Consumer PartnersInsignia Venturesが主導し、女性創業者によるスタートアップを支援するベンチャーキャピタルTeja VenturesApricot CapitalBaksh CapitalAgrocorp VenturesWater Tiger InvestmentsEbb & Flow、シンガポール政府が支援するフードテックインキュベーターInnovate360が参加した。

Float Foodsは調達した資金で、研究開発と商品化の加速を図る。

OnlyEgはまだ市販化されておらず、Float Foodsは現在、栄養面の強化、保存期間の延長に取り組んでいる。

2022年にシンガポールで販売される予定

Float FoodsはOnlyEgのほかに、植物卵を使ったパテやシュレッドタイプなどほかの製品開発にも取り組んでいる。これらの製品は今年後半にB2Bで販売されるとしている。

出典:Float Foods

海外メディアgreen queenによると、Float Foodsはシンガポールを皮切りに中国、インド、インドネシアなどの主要市場を狙う。

最近のレポートによると、世界の卵市場は2020年の2131億ドルから2021年には2273億ドルになると予測される。

2025年には2974億ドルにまで成長し、7%の年平均成長率で成長することが予測される。

拡大の一途をたどる卵市場を破壊するために、すでに何社かのスタートアップが登場している。

最も有名なのがアメリカのイート・ジャストで、これまでに鶏卵1億個分に相当する代替卵を販売している。同社は中国で代替卵を販売しているほか、シンガポールでは生産工場の建設を進めている。植物卵に加えて、培養肉でも世界をリードするグローバル企業といえる。

このほか、インドのEvo Foodsは液体卵、シンガポールのOsomeFoodはゆで卵、フランスのLes MerveilloeufsはFloat Foodsのように卵黄・卵白に分かれた全卵を開発している。

 

参考記事

Float Foods Closes US$1.6M Seed Round To Disrupt Alt Protein Market With Plant-Based Whole Egg Substitute

BREAKING: Plant-based ‘whole egg’ startup Float Foods scores seed funding from VCs, corporates

Float Foods Secures $2.2M for Alternative Whole Egg Product

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Float Foods

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  2. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  3. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  4. 奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き…
  5. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  6. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  7. 精密発酵で乳タンパク質を製造するImagindairyが約14億…
  8. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogen…

おすすめ記事

3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソデクソと提携

3Dプリンターを活用して植物肉を開発するイスラエル企業セイバーイート(Savor…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。シンガポールは昨年12月…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP