新しい食

豆を使わずに合成生物学でコーヒーを開発するCompound Foodsが約5億円を調達

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

コーヒー豆を使わずにコーヒーを生産する米Compound Foodsがシードラウンドで450万ドル(約5億円)を調達した。

このラウンドには、Lowercarbon CapitalSVLCHumboldt FundCollaborative FundMaple VCPetri Bio、エンジェル投資家などが参加した。この調達により、Compound Foodsの調達総額は530万ドル(約5億8000万円)となる。

2020年にMaricel Saenz氏によって設立されたCompound Foodsは、合成生物学を活用して豆を使わないコーヒーを開発する。

出典:Compound Foods

具体的な製法については明らかにしていないが、同社ブログ記事によると、Compound Foodsは「コーヒー農家でやっていることを研究室で再現」している。

食品科学と発酵技術により、持続可能な方法で育てられた微生物を活用して、コーヒーを生産している。

Compound Foodsはカップ1杯のコーヒーを生産するのに消費される水の量より140L少ない方法でコーヒーを生産する。現在、コスタリカやブラジルなど、地域に応じた味と香りを備えたコーヒーの再現に挑戦している。

バイオテクノロジーを活用して持続可能なコーヒーを生産する取り組みは他にもある。

シアトルを拠点とするAtomoは廃棄されるスイカの種、茎、殻などを使用し、発酵技術を活用してコーヒーを開発している。

コーヒー以外では、EndlessWest分子ワインと分子スピリッツを開発している。同社はワインとスピリッツの分子組成を研究し、必要な分子を特定して、植物、果物、酵母など天然資源から必要な分子を抽出し、木材や水、土地の使用を大幅に削減している。

出典:Compound Foods

食品サプライチェーンにおいてコーヒーは、6番目に温室効果ガスを排出する食品・飲料とされる(1位:牛、2位:羊、3位:チーズ、4位:乳牛、5位:チョコレート)。また、気候変動による気温上昇、不規則な雨量などにより、収穫量が変動する作物でもある。

研究所でコーヒーを生産できるようになると、広大な土地の確保が不要となり、気候変動により収穫量が変動することもない。

TechCrunchの取材に対し、Saenz氏は「現在の農地の50%が20年後には使えなくなる」とコメントしており、持続可能なコーヒーの生産のニーズは高まっていくと予想される。

Compound Foodsは、小規模コーヒー農家が、より持続可能な農業と土地利用へシフトするのを支援したいと考えており、この実現に向けて、NGOとのパートナーシップも構築している。

 

参考記事

Compound Foods Raises $4.5M to Make Synthetic Coffee

Compound Foods Closes $4.5M Seed To Ferment Sustainable Beanless Coffee

All coffee, no beans – brewing a new kind of coffee

「豆のないコーヒー」を分子合成技術で生み出すCompound Foods、環境や生産農家にも配慮

 

関連記事

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…
  2. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  3. DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo …
  4. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  5. Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性ス…
  6. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  7. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  8. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…

おすすめ記事

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内に試食会を実施

ベルリンを拠点とするスタートアップFormoは微生物を使ってアニマルフリーなチー…

オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提携

オランダの培養肉企業Meatableは、手頃な培地の共同開発でオランダの総合化学…

The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク質を使ったスムージーを発売

The Every Companyのアニマルフリーな卵白タンパク質粉末を使ったス…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP