代替プロテイン

The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク質を使ったスムージーを発売

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

The Every Companyのアニマルフリーな卵白タンパク質粉末を使ったスムージーが発売された。カリフォルニアのジュースブランドPressedが、The Every Companyの卵白タンパク質粉末を使ったパイナップルグリーンスムージーを期間限定で発売する。

この卵白タンパク質は精密発酵という技術で生産されたもので、生産プロセスで動物を全く使うことなく、動物由来の卵と同等なものとなる。消費者向けに同卵白タンパク質粉末を使用した商品が発売されるのは世界初となる。

ロサンゼルス、ニューヨークのPressedの一部店舗で、期間限定で発売される。

動物由来と同等なアニマルフリー卵白タンパク質、ついに市販化

出典:The Every Company

The Every Companyは精密発酵というプロセスを通じて、酵母を使用してアニマルフリーなタンパク質を生産する。

通常は、「農場」が生産現場、「」がタンパク質の作り手となるが、生産現場を「発酵槽」、作り手を「酵母」に置き換えることで、動物を使うことなく、動物由来の卵と同等なタンパク質を開発した。

ビール、ワインの生産では、酵母は発酵により糖を分解してアルコールを作る。同社は卵タンパク質のDNAを挿入した酵母を使うことで、酵母にアルコールの代わりに卵タンパク質を生産させる。

このように、微生物を「生産工場」とする手法を精密発酵という。最終産物からは酵母は除去されるため、非遺伝子組換え食品となる。また、動物を使用していないが、卵タンパク質と同等なため卵アレルギーのある人は摂取できない。

出典:The EVERY Company

期間限定で販売されるスムージーは、The Every Companyの卵白タンパク質、リンゴ、パイナップル、バナナ、ほうれん草、アボカドから構成され、砂糖は使用しない。1本あたり同社のタンパク質を10グラム含み、1日に必要なビタミンCの40%を摂ることができる。

1本7.95ドルでロサンゼルス、ニューヨークのPressedの一部店舗、またはオンラインストアで販売される。

卵白タンパク質をスムージーに加えるというと、奇異に感じられるかもしれない。しかし、同社の卵白タンパク質は、卵のような匂い、味、色がなく、溶解性が高いため、ドリンクや食品に加えても後味が残らない。

つまり、タンパク質素材に由来する風味を隠すために、砂糖や人工甘味料などのマスキング剤を加える必要がないというメリットがある。

続々と市販化される精密発酵タンパク質

創業者兼CEOのArturo Elizondo氏 出典:The EVERY Company

Pressedはメニューを進化させるため、来年にはパイナップルグリーンスムージーの取り扱い店舗をさらに拡大する計画を立てている。

「ざらざらした後味の悪いプロテインスムージー、タンパク質の風味を隠すために砂糖、チョコレート、バニラを大量に加える必要のあるスムージーの時代は終わりました。

当社の理念は常に全く妥協のない製品を作ることであり、このビジョンの実現に向けて次のステップを踏み出せることに感激しています。世界中の消費者が、優しく、クリーンで、おいしい未来の食の魔法を味わうのは今日が初めてです」

(The Every Companyの創業者兼CEOのArturo Elizondo氏)

以前はクララフーズとして知られたThe EVERY Companyは、2014年にサンフランシスコベイエリアに設立された。ZX Venturesが支援するBioBrew、世界大手の醸造会社AB InBevとも提携している。

今回のニュースは、先月の卵白タンパク質粉末「ClearEgg」発表に続くものとなる。今年後半に共同ブランド成分として販売すると発表していた通り、今回Pressedのスムージーに使われる形で発売された。

出典:The EVERY Company

精密発酵は新しい技術ではなく、チーズの製造で使用されるレンネットやインスリン製剤の生産に活用されてきた。

精密発酵でタンパク質を生産すると、動物を飼育するための土地や飼料が不要となるほか、動物の飼育が不要になるため生産時間が短縮し、感染症が発生することもない。生産施設内でタンパク質を作れるため、生産エリアの選択地が広がり、輸送にかかるコストも削減できる。

精密発酵の代表格であるパーフェクトデイは、アイスクリーム、クリームチーズの市販化に成功しており、最近ではシアトルのスターバックスが期間限定でパーフェクトデイの精密発酵ミルクを試験導入している

アニマルフリーペプシンも市販化

出典:The Every Company

The EVERY Companyは卵白タンパク質以外に、食品添加物や研究用試薬などに使用される酵素ペプシンも生産している。

ペプシンは豚の胃粘膜から生産されるが、ペプシン1キログラムを生産するには100頭以上の豚が必要となる。同社のペプシンは、動物由来のものと同等でありながら、抗生物質、ホルモン剤を含まず、豚コレラなどの感染症による価格変動を受けない。

同じく精密発酵で開発されたペプシンは、販売パートナーのイングレディオンを通じて販売されている。

 

参考記事

The EVERY Company and Pressed Partner to Change the Protein Paradigm, Serving World’s First Animal-Free, Animal Protein Smoothie

The World’s First Animal-Free Egg White Protein Smoothie Has Arrived

Clara Foods Announces Global Launch of World’s First Animal-Free Pepsin for Commercial Use

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The EVERY Company

 

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  2. 培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変…
  3. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  4. 香港発の植物肉企業TN Meatが代替肉製品の販売をスタート、中…
  5. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  6. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  7. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  8. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…

おすすめ記事

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表

培養シーフードを開発するシンガポール企業Shiok Meatsが、培養カニ肉の試…

【12月】Foovoセミナーのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,881円(12/08 16:00時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/09 09:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(12/08 20:43時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP