代替プロテイン

オーストラリアのAll G Foods、植物肉ブランドを切り離し、精密発酵乳タンパク質の開発に注力

 

精密発酵でラクトフェリン、カゼインを開発するオーストラリアのAll G Foodsは今月、同社が展開してきた植物肉ブランド「LOVE BUDS」をスピンオフし、精密発酵事業に注力することを発表した

All G Foodsの「LOVE BUDS」とFenn Foodsの植物肉ブランド「vEEF」は、新会社The Aussie Plant Based Co.のもとで運営されることとなる。合併により、The Aussie Plant-Based Co.はオーストラリア全土に6,000箇所の流通拠点を持つようになる。

All G Foods、植物肉ブランドを切り離して精密発酵に注力

出典:All G Foods

Jan Pacas氏が2020年にシドニーに設立したAll G Foodsは、新興分野である精密発酵事業と、消費者向けの植物肉事業に取り組んできた。同社の「LOVE BUDS」は、2021年にオーストラリアの小売300箇所で発売されて以来、オーストラリア全土のスーパー・レストランで販売されている。

LOVE BUDS」のスピンオフにより、All G Foodsは技術の限界を拡張し、精密発酵による天然と同等の乳タンパク質の提供に注力する。

この一環としてAll G Foodsは最近、「アジア初の最先端バイオファウンドリ」と自称するBioFoundryに投資した。シドニーに設置された同社のBioFoundryは、AIで自動化され、24時間年中無休で稼働しており、非常に高い精度と速度で設計、構築、試験、学習ができるという。

All G Foodsは初期では、乳タンパク質の1つ、ラクトフェリンの開発に焦点をあてている。同時に、乳タンパク質の8割を占めるカゼインの開発も進めていく。

「長期戦を覚悟」

出典:All G Foods

これまでに精密発酵による乳タンパク質(β-ラクトグロブリン)で認可を取得した企業には、パーフェクトデイRemilkImagindairyが確認されているが、ラクトフェリン、カゼインで上市した企業はまだない。

創業者のPacas氏はブログ記事で、「最初に市場に出すことよりも長期戦になると確信しています。高品質なラクトフェリン、カゼインの開発には、時間とストイックさが必要であることを知っています」と述べ、最初に上市するプレーヤーになることよりも、従来の乳製品と同じ食感、風味、香り、機能性を備えた製品の開発に専念する姿勢を示している

FoodNavigaotrの報道によると、All G Foodsは主要市場としてアジア・中東を視野にいれており、2024年末までにシンガポールでの発売を目指している。

All G Foodsはまた、今年後半に複数地域での承認申請を予定している。シンガポールで上市後は、2025年にニュージーランド、次いでアメリカ、中東、欧州市場への進出を目指しているという。

All G FoodsはB2B戦略として、ネスレ、ユニリーバ、マースなどの大手食品メーカーに原料を提供したい考えをA Positive Climateに語っている

ネスレマースはすでに精密発酵に参入しており、ユニリーバは参入計画を立てているため、これらの企業がAll G Foodsと協業する可能性は十分に考えられるだろう。

 

参考記事

A New Era for Plant-Based Meat: vEEF and LOVE BUDS Unite Under The Aussie Plant Based Co.

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:All G Foods

 

関連記事

  1. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  2. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  3. 米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プ…
  4. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  5. Oobli、精密発酵による甘味タンパク質を使用した初製品の予約販…
  6. 米Algae Cooking Club、微細藻類由来の食用油を発…
  7. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  8. 3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける

韓国政府は、培養肉など細胞性食品の開発を目的とした特区を創設した。この特区の正式…

代替脂肪としてのオレオゲルの食品応用における課題と認可の事例|Foovo独自調査

トランス脂肪酸を含まず、飽和脂肪酸が少ない固体脂肪の代替品として近年、オレオゲル…

南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の培養肉バーガーを発表

南アフリカ、ケープタウンを拠点とする培養肉企業Mzansi Meatは2年の研究…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

Meatable、初の試食会開催に続き、培養肉の生産期間短縮を発表

オランダの培養肉企業Meatableは、低コストでスケール可能な独自の分化プロセ…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP