代替プロテイン

精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、2023年に上市を計画

 

精密発酵でチーズを開発する米New Cultureは今月、韓国のCJ第一製糖から出資を受けたことを発表した。この出資は、2023年にピザレストランでアニマルフリーチーズの発売を目指すNew Cultureの商品開発、スケールアップにあてられるという。

精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携

出典:New Culture

CJ第一製糖は発酵技術で60年以上の経験を有する大手食品・バイオテック企業であり、飼料・食品用の独自のアミノ酸、フレーバー、調味料、植物由来タンパク質成分などを手掛ける。

2019年にはアメリカで2番目に大きい冷凍食品企業Schwan’s Companyを買収。Schwan’s Companyは冷凍ピザを含むさまざまな加工食品ブランドを持つが、CJ第一製糖による買収でアジア市場への影響力も拡大している。

CJ第一製糖のCEO、Yunil Hwang氏は、「New Cultureとの提携は、当社の代替タンパク質への出資戦略を強化するとともに、業界全体でアニマルフリー成分に対する圧倒的な需要があることを強調しています。New Cultureのアニマルフリーなモッツァレラチーズは、バイオベースイノベーションを乳製品分野で実現するうえで新時代の先駆けとなるでしょう」とコメントしている。

CJ第一製糖はこれまでに培養シーフードのShiok Meats、培養肉のアレフ・ファームズ、植物タンパク質のB2B企業Plantible Foodsに出資しているが、精密発酵スタートアップへ出資するのはこれが初となる

ADMに続く新たな提携

出典:New Culture

New Cultureは精密発酵と伝統的なチーズの製造方法を組み合わせることで、従来の乳製品チーズのように溶け、伸び、泡立つアニマルフリーなチーズを製造開発している。

同社は8月、ADMと商品開発やスケールアップで提携した。CJ第一製糖のほかにも、ADMのベンチャーキャピタルADM Ventures、Kraft HeinzのベンチャーキャピタルEvolv Venturesや、Mayfield FundCPT CapitalAhren Innovation Capitalなどから出資を受けている。

微生物を使って特定成分を生成する精密発酵食品の上市や、資金投入は依然として続いている。

今年8月には、パーフェクトデイの乳タンパク質を使ったアイスクリームがシンガポールに上陸した。6月にはイスラエルのRemilkが乳タンパク質ではパーフェクトデイに続き、アメリカFDAよりGRAS自己認証を取得した。

精密発酵により生成された食品の上市はアメリカ、シンガポール、香港に限定されているが、Change FoodsによるUAEへの精密発酵工場建設、Remilkによるデンマークへの工場建設のほか、精密発酵のスケールアップを目的とした専用施設の開設が来年予定されるなど、さらなる市場拡大に向けた動きが複数確認されている。

アメリカの冷凍ピザ市場25%のシェアを誇るCJ第一製糖との提携により、New Cultureの市場投入も一層弾みがつくだろう。

 

参考記事

New Culture Receives Funding from CJ CheilJedang to Continue Scaling Efforts

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:New Culture

 

関連記事

  1. インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け…
  2. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  3. ADMがAir Proteinと空気タンパク質を使用した代替肉の…
  4. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  5. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  6. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  7. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  8. エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米January AI:血糖値モニターを使用せずに血糖値を予測する世界初のアプリを発表

毎回の食事で血糖値への影響が気になる人に、事前に食品が血糖値に与える影響を予測分…

培養肉生産の複雑さを乗り越える(Gelatex-Athanasios Garoufas氏による寄稿文)

本記事は、Gelatex Technologies(エストニア企業)で最高事業開…

イスラエル企業Ansāが開発した電波を利用したコーヒー焙煎機e23

イスラエルのスタートアップ企業Ansāが開発したコーヒー焙煎機e23によって、職…

培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|事業開発部長Athanasios Garoufas氏にインタビュー

培養肉の生産では、生体内環境に似た状態を再現するために、細胞外マトリックス(EC…

英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切り身魚を発表

イギリスを拠点とするスタートアップJack & Bryは今月、ジャックフ…

赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yemoja

微細藻類を活用した成分開発に取り組むイスラエル企業Yemojaは、化粧品用の成分…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP