フードテック

プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDIBLE Eats

 

食事で使用されるプラスチック製品を減らすために、食べられるスプーンが登場した。

IncrEDIBLE Eats(インクレディブル・イーツ)が開発したスプーンによって、プラスチック廃棄物から地球を救う活動が、これまで以上に「美味しい」ものになる。

温かいスープ、冷たいデザートに使える食用スプーン

出典:IncrEDIBLE Eats

IncrEDIBLE Eatsが開発した食用スプーンは、小麦粉、玄米、コーンフラワー、オート麦粉末、ひよこ豆粉末などを原料にした100%ビーガンなものとなる。

現在、公式サイトでは初代製品のスプーン1.0が販売されている。おいしさ、噛みやすさを改良した、バージョン1.0より薄いスプーン2.0の予約注文も公式サイトで受け付けている。

スプーンの味は最小限にしてあり、アイスクリームや温かいスープに使用しても30分間、構造を保持することができるという。

大小のサイズから、チョコレート、バニラ、ブラックペッパーなど複数のフレーバーが用意されている。

IncrEDIBLE Eatsはサステナビリティに対する情熱を持った様々なバックグランドを持つメンバーから構成されるスタートアップ企業。同社は、プラスチックでできたすべてのキッチン用品を「食べられる」ものに置き換えることを使命としている。

大手アイスクリームブランドが「食べられるスプーン」を導入

出典:Dippin’ Dots/IncrEDIBLE Eats

今月12日、アメリカで人気のビーズアイスクリーム企業ディッピン・ドッツが、IncrEDIBLE Eatsとの提携を発表した

ディッピン・ドッツは瞬間冷却で作られた小さなつぶつぶ状のアイスクリームで、スプーンが必要となる。ディッピン・ドッツに添付されるスプーンはチョコレート、バニラの2つのフレーバー。

同社はプレスリリースで、全国の店舗に向けてIncrEDIBLE Eatsの食用スプーンを出荷し、全国展開を開始することを発表した。

IncrEDIBLE Eatsの共同創業者Dinesh Tadepalli氏は、同氏の子供とアイスクリームショップを訪れた時、カップやスプーンがごみ箱に捨てられているのを見て、「食べられるカトラリー」のアイディアを思いついたと語る。

出典:IncrEDIBLE Eats

同社は2021年、アメリカの人気番組Shark Tankに出演し、注目を集めた。今後はスプーンのほかに、ストロー、箸、ボウル、プレートがラインナップに加わる予定だという。

プラスチックは安定性の高さからペットボトル、紙おむつ、釣り糸、ゴミ袋など幅広く使用されているが、分解されるまで数十年から数百年かかるため、カトラリーの脱プラスチック化が進んでいる。

IncrEDIBLE Eatsの食用スプーンが広く実用化されると、たとえごみとして海や川に廃棄されたとしても、食品と同じように自然に分解されるため、地球の環境、生態系、動物に悪影響を及ぼす有害物質、プラスチックなどを残すことはない。

 

参考記事

Dippin’ Dots Teams Up with IncrEDIBLE Eats to Provide Eco-Friendly Spoon Option to Customers

Dippin’ Dots Begins Roll Out of Edible Spoons from IncrEDIBLE Eats

 

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始
  2. 培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段…
  3. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  4. タイソンの植物肉ブランドRaised & Rooted…
  5. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  6. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  7. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  8. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…

おすすめ記事

会員権をNFTにした世界初のレストラン「Flyfish Club」、2023年ニューヨークにオープン

VCRグループが先月、世界初のNFTレストラン「Flyfish Club」を来年…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP