代替プロテイン

ImpacFatが世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施

 

細胞培養により魚の培養脂肪を開発するシンガポール企業ImpacFat(インパクファット)は1日、Big Idea Venturesのデモデイで世界初の培養魚脂肪を発表した

シンガポール食品庁(SFA)の承認を受けて、シンガポールのナショナルギャラリーで開催された試食会には、代替タンパク質業界のさまざまな企業に所属する参加者が参加した。

試食会では植物タンパク質とImpacFatの培養魚脂肪を使用した植物性シーフードのフライが提供された。

ImpacFatが世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施

出典:ImpacFat/Big Idea Ventures

植物肉の風味やジューシーさを改善するために動物脂肪を開発・製造するスタートアップが増える中、ImpacFatを創業した日本人研究者杉井重紀氏は、スポットをあてられていなかった魚の培養脂肪に着目。2019年から研究開発を開始し、今年3月にシンガポールでImpacFatを設立した

魚の培養脂肪は、オメガ3脂肪酸を豊富に含み、抗酸化物質も多く含ませることができる。

代替肉に使用される油脂は加工によって酸化しやすかったり、加熱後に漏れ出したりしてしまうなどの問題があるが、魚の培養脂肪は「自然の肉の脂肪により近く、個別の代替肉にカスタマイズ可能」だという。また、抗生物質、水銀、マイクロプラスチックなどを含まない安全でクリーンな点も魚の培養脂肪がもたらすメリットといえる。

Foovoが主催した今月のセミナーで杉井氏は、試食会で実施された無記名アンケートの結果について、5段階評価で各項目4.1~4.5と、「おおむね好評」なフィードバックが得られたと述べている。

多様な技術で開発が進む代替脂肪

ImpacFatチーム 右から5人目が杉井重紀氏 出典:ImpacFat

ImpacFatは今年、アジア最大級の環境技術公募「2022年ザ・リバビリティ・チャレンジ」や「Asia Pacific Agri-Food Innovation Summit」で受賞するなど、注目を集めている。

現在、シードラウンドの資金調達を実施しており、資金を調達後は、パイロット製品を製造するプラットフォームの構築を予定している。

ImpacFatの他にも、近年、脂肪に着目するスタートアップは急増しており、代替肉と比べ、使用する技術が多様なことが特徴といえる。

Big Idea Venturesが支援するドイツ企業Cultimate Foodsは、植物肉に使用される植物油脂に変わる培養脂肪をB2Bで提供するために昨年設立された。

培養脂肪を開発する英Hoxton Farmsは10月、シリーズAラウンドで2200万ドル(当時約32億円)を調達し、ロンドン中心部にパイロット工場を建設している。

精密発酵で脂肪を開発するオーストラリアのNourish Ingredientsは先月、シリーズAラウンドで2860万ドル(当時約39億円)を調達し、来年の上市を目指している。

スウェーデン企業Green-Onは、電気・水・空気から代替脂肪開発に取り組んでおり、Green-Onもまた、Big Idea Venturesの支援を受けている。

このほか、ヒマワリの種に見られるオレオソームという天然の脂肪滴を活用して乳製品や代替肉用途の脂肪を開発するオランダ企業Time-Travelling Milkmanや、オレオゲル技術による米ぬか油を使用した代替脂肪を開発するParagon Pureなど、さまざまな技術を用いた代替脂肪の開発が確認されている。

 

参考記事

The World’s First Cultivated Fish Fat Dives Into the Cell-Based Fat Category

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ImpacFat

 

関連記事

  1. ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を…
  2. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  3. 牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia
  4. ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、…
  5. Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内…
  6. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  7. チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョ…
  8. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprouts Farmers Market全店舗に導入

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは、アメリカのスーパーマーケ…

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年…

天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.3億円を調達

イスラエルを拠点とする合成生物プラットフォーマーのEnzymitは先月、シードラ…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

このニュースのポイント●培養肉パイオニアのモサミ…

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP