Foovo Deep

Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを出荷

 

培養肉用のアニマルフリーな培地を開発するトルコ企業Biftekは、商用化に向けて前進している。

同社は昨年11月、シンガポールを拠点とする大手培養肉企業へ最初のサンプルを出荷したという。

アニマルフリーな増殖培地を開発するBiftek

出典:Biftek

2018年創業のトルコ、アンカラに本社を構えるBiftekは、培養肉をより手頃なものにするために、アニマルフリーで遺伝子組み換えではない天然の増殖培地を開発している。

増殖培地は、培養肉の量産を実現するための重要な成分だが、初期の培養肉研究で使用されたウシ胎児血清(FBS)は生産コストの80ー90%を占めるなど、生産コスト削減のために代替品の開発が求められてきた。

Biftekの培地は「凍結乾燥されたBiftek増殖培地サプリメント(Lyophilized Biftek Growth Medium Supplement)」と呼ばれ、製品を低温に保持するコールドチェーンを不要とし、海外への輸送に適したものとなっている。また、動物由来血清にあるようなロット間の変動といった品質のばらつきの懸念もない。

Biftekの増殖培地により、細胞農業製品に関連するコストが大幅に削減され、培養肉の市場形成が促進されると期待される。

「培養肉エコシステムの現在の課題は断片化されています。最も重要な課題は培養肉製品の生産コストを下げることであると私たちは考えており、この問題に対処するためのいくつかの潜在的なソリューションを開発しました。

細胞培養食品が大量に採用されるための最も強力なツールは増殖培地のイノベーションだとみています。Biftekの増殖培地は、FBSに代わるベストな代替品の1つになるでしょう」(BiftekのCEOであるKerem Erikci氏

微生物のポストバイオティクスを活用した増殖培地開発

出典:Biftek

Biftekは、筋幹細胞を成長させるために微生物を活用した費用効果の高い増殖培地を開発している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Biftek

 

関連記事

  1. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  2. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  3. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  4. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  5. 菌糸体からベーコンを開発する米MyForest Foods、年産…
  6. Fooditiveが精密発酵による代替ハチミツ開発を発表
  7. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  8. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…

おすすめ記事

イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-FISHient

イスラエルで新たに培養シーフード企業E-FISHientが設立された。イ…

細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFazer

フィンランドのチョコレートメーカーFazerは、持続可能なカカオ生産に向けて細胞…

培養肉セミナー開催レポート【岡田健成氏講演】-2022年8月-

世界人口の増加に伴う食料需要の高まりにより、2030年にはタンパク質が不足すると…

培養肉スーパーミート、スイス小売大手のミグロスと提携

イスラエルの培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は26日、スイスのスー…

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで1…

米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェフと提携

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップUPSIDE Foodsが、ミシュ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP