Foovo Deep

Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを出荷

 

培養肉用のアニマルフリーな培地を開発するトルコ企業Biftekは、商用化に向けて前進している。

同社は昨年11月、シンガポールを拠点とする大手培養肉企業へ最初のサンプルを出荷したという。

アニマルフリーな増殖培地を開発するBiftek

出典:Biftek

2018年創業のトルコ、アンカラに本社を構えるBiftekは、培養肉をより手頃なものにするために、アニマルフリーで遺伝子組み換えではない天然の増殖培地を開発している。

増殖培地は、培養肉の量産を実現するための重要な成分だが、初期の培養肉研究で使用されたウシ胎児血清(FBS)は生産コストの80ー90%を占めるなど、生産コスト削減のために代替品の開発が求められてきた。

Biftekの培地は「凍結乾燥されたBiftek増殖培地サプリメント(Lyophilized Biftek Growth Medium Supplement)」と呼ばれ、製品を低温に保持するコールドチェーンを不要とし、海外への輸送に適したものとなっている。また、動物由来血清にあるようなロット間の変動といった品質のばらつきの懸念もない。

Biftekの増殖培地により、細胞農業製品に関連するコストが大幅に削減され、培養肉の市場形成が促進されると期待される。

「培養肉エコシステムの現在の課題は断片化されています。最も重要な課題は培養肉製品の生産コストを下げることであると私たちは考えており、この問題に対処するためのいくつかの潜在的なソリューションを開発しました。

細胞培養食品が大量に採用されるための最も強力なツールは増殖培地のイノベーションだとみています。Biftekの増殖培地は、FBSに代わるベストな代替品の1つになるでしょう」(BiftekのCEOであるKerem Erikci氏

微生物のポストバイオティクスを活用した増殖培地開発

出典:Biftek

Biftekは、筋幹細胞を成長させるために微生物を活用した費用効果の高い増殖培地を開発している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Biftek

 

関連記事

  1. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  2. 精密発酵セミナー開催のお知らせ|2023年4月20日(木)
  3. CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細…
  4. ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培…
  5. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表
  6. 米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開…
  7. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  8. 米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表

精密発酵で卵白タンパク質を開発する米The Every Companyが、鶏に依…

DAIZが植物性代替卵「ミラクルエッグ」の開発に成功、ハイブリッド食品で畜産業との共存を目指す

熊本発のスタートアップ企業DAIZが代替卵市場に参入する。DAIZは今月8日、植…

メタン生成を阻害する飼料を精密発酵で開発するNumber 8 Bioが約1.7億円を調達

牛など反芻動物の胃は、食べた植物、特にセルロースを分解する過程でメタンを生成する…

イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得

植物由来の代替卵を開発するアメリカのスタートアップ企業イート・ジャストは、主力製…

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

Motif FoodworksがSolar Biotechとの提携を拡大、精密発酵タンパク質の「AWS」が加速

精密発酵プラットフォーマーSolar Biotech(ソーラー・バイオテック)は…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP