Foovo Deep

イングレディオンが砂糖削減ソリューションのBetter Juiceと提携

 

砂糖を削減する酵素技術を開発したイスラエル企業Better Juiceが、世界的な食品原料メーカーであるイングレディオン(Ingredion)との提携を発表した

イングレディオンは、世界120ヵ国以上で原料を供給するシカゴに拠点を置くグローバル企業。プレスリリースによると、イングレディオンのベンチャー部門Ingredion VentureがBetter JuiceのシリーズAラウンドを主導し、同社技術のアメリカ市場への導入を加速させるという。

この発表は、Better Juiceがイスラエルに商用施設の設置を発表したニュースに続くものとなる。

食品の美味しさにおいて砂糖は重要な成分だが、過剰摂取により健康上の不安が懸念されるため、砂糖のイノベーションに取り組む事例は増えている。

砂糖を代替するソリューションに取り組む企業が多い中、Better Juiceはフルーツジュースなど天然のドリンクに含まれる“すでにある”砂糖を減らし、付加価値のある成分に変換する砂糖削減技術を開発した点で、独自のポジションを築きつつある。同社はフルーツジュースだけでなく、他の飲料にも用途の拡大を目指している。

砂糖削減ソリューションを重視するイングレディオンとの提携

出典:Better Juice

Better Juiceは製品のビタミン、ミネラル、有機酸などの栄養を保持しながら、砂糖を食物繊維や難消化性糖などの消化されにくい化合物に変換する酵素技術を開発している。

これにより、ジュースの甘さの大部分を保持しながら、製品中に含まれる砂糖を減らすことを可能になる。

同社のプロセスでは、非遺伝子組換え微生物から構成される独自ビーズから生成される酵素により、ジュースに含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖などの糖が身体に良いプレバイオティクスや難消化性化合物に変換される。結果、糖の摂取を30~80%削減することができる。

製造で使用するビーズは、生分解性ポリマーでできており、製造後は家畜の飼料として再利用されるため、廃棄物は最小限に抑えられているという。

イングレディオンがBetter Juiceとの提携を決めた背景には、イングレディオンが砂糖削減・代替砂糖分野を成長産業とみていることと関係している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Better Juice

 

関連記事

  1. デンマークの精密発酵企業21st.BIO、持続可能な乳タンパク質…
  2. 培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bio…
  3. 上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シン…
  4. Vowが絶滅マンモスのDNAから培養マンモスミートボールを作製
  5. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  6. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  7. 全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本…
  8. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルのBELIEVER Meats、アメリカで世界最大の培養肉工場を着工

イスラエルの培養肉企業BELIEVER Meats(旧称Future Meat …

二酸化炭素、電気から乳タンパク質の生成へ|ソーラーフーズの新たな挑戦

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は、二酸化炭素、電気、水…

細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2.7億円を調達

細胞シート工学を活用した培養肉開発を進めるカナダ企業Evolved Meats(…

バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBioFarmが約2.2億円を調達

韓国の培養肉スタートアップTissenBioFarmは先月、シリーズAラウンドで…

アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施設をオープン|CEO Francisco Codoner氏にインタビュー

今年、シンガポールで食品に特化した精密発酵施設が2施設オープンする。食品…

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsはオーストラリア政府から1…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP