代替プロテイン

ドイツ企業Nosh.Bioがマイコプロテインを工業生産する自社施設を発表

 

ドイツのマイコプロテイン企業Nosh.bioは今月、ドイツ・ドレスデン近郊にある工業規模の自社生産施設を発表した

同施設は今後4-5ヵ月で稼働を開始する予定で、稼働すると年間2000-5000トンの菌糸体タンパク質を生産できるものとなる。

既存インフラを利用した持続可能なタンパク質生産

出典:Nosh.bio

2022年設立のNosh.bioは昨年10月、ベルリンの地元醸造所Berliner Bergと、パイロット生産のためにパートナーシップを構築した。この提携には、同じ醸造所でビールと食品を生産できることの実証、Berliner Bergの副産物を活用するという狙いもあった。

同月には、赤身肉のようなマイコプロテインの開発でGinkgo Bioworksと提携

昨年12月に、100年以上にわたってビールが醸造された旧醸造所に、初の自社生産施設を確保した。同社は、押出成形や添加物に頼らずにタンパク質に筋繊維の構造をもたらす下流装置を特定したと述べており、稼働に向けてこれらの下流装置を同施設に導入していくと思われる。

Nosh.bioは、新たな施設により代替タンパク質の課題となる、持続可能なスケールアップに向けて順調に進んでいると言及。

「ビールの代わりに、既存のインフラを利用して持続可能なタンパク質を発酵させるという、ドイツの新たな醸造の伝統を生み出すことを大変嬉しく思います」とも述べている

出典:Nosh.bio

今月にはNosh.bioのタンパク質が牛肉生産と比較して、温室効果ガス排出量を90.7%削減、水使用量を98.7%削減、土地利用率を99.4%削減できることが発表され、食品業界全体の環境負荷を軽減できる可能性が示されている

用途を限定しないマイコプロテイン

出典:Nosh.bio

Nosh.bioは肉類や特定分野でのプレーヤーになることよりも、新しいクラスの食品成分を市場に出すことを目指している

公式サイトに「当社のバイオマスは、特性が限られた他のタンパク質源とは異なり、真にカスタマイズされたアプローチを可能にします」と記載がある通り、肉、シーフード、ベーカリー、乳製品、菓子、飲料、ペットフードなど幅広い用途を挙げている。

例えばアイスクリームでは動物性・非動物性に関わらず、クリーンラベルな安定剤として使用し、融点を40%上昇できるという。ベーカリーでは、ワッフル、ケーキ、ブラウニー、パンケーキなどで卵の代替として使用できるとしている

出典:Nosh.bio

最近では、Nosh.bioの代替タンパク質を使用したアイスクリーム、ワッフル、代替豚肉、マヨネーズなどの試食会を開催した

Nosh.bioは、創業者同士の出会いから、初販売、そして工業規模までを2年以内に実現するとしている。同社が初販売を実現したのは設立から1年強の昨年7月のこと。昨年夏にビアガーデンで一部製品を販売しており、今年、食料品店への導入目指している

 

参考記事

Nosh.Bio Linkedin1

Nosh.Bio Linkedin2

Life Cycle Assessment of Nosh Protein

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nosh.Bio

 

関連記事

  1. パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、…
  2. 【10/26】日本発の培養肉企業ダイバースファーム社セミナー開催…
  3. ユニリーバ傘下の代替肉ブランドThe Vegetarian Bu…
  4. 英Meatlyが培養キャットフード製品を発表、3ヶ月以内の承認を…
  5. Oobli、精密発酵による甘味タンパク質を使用した初製品の予約販…
  6. クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合…
  7. 植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3…
  8. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Else Nutritionとダノンが協業、アレルギー対応の乳製品・大豆不使用のビーガン粉ミルクの商品化に向けて前進

乳幼児・子供向けのクリーンな植物性粉ミルク・離乳食を開発する米Else Nutr…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携、培養魚の生産コスト90%削減を発表

Avant Meatsは培養タンパク質の生産コストを90%削減することに成功した…

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功

フィンランドの研究チームは精密発酵技術により、動物を使うことなく卵白タンパク質の…

パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがアイスクリーム企業を買収、精密発酵タンパク質の普及がさらに加速

パーフェクトデイの子会社であるThe Urgent Companyが2021年1…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP