代替プロテイン

イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試作品を発表

 

イスラエルの培養魚企業Forsea Foodsが培養うなぎの開発に成功し、初となる試作品を発表した

これまでに植物性うなぎが発表されたことはあるが、Foovoの認識では、細胞培養によるうなぎの試作品を公開したのはForsea Foodsが世界初となる。

Forsea Foodsは、乱獲により絶滅の危機に瀕しているうなぎの個体数減少に歯止めをかけること、アジア・欧米で絶大な人気を誇るうなぎ需要に持続可能な方法で応えることを目指して2021年に設立された。

チームメンバーには、日本細胞農業協会などの活動を通じて国内での細胞農業の普及活動に早期から取り組んできた杉崎麻友氏がいる。

今回発表された培養うなぎは、「ニホンウナギの持つ身の柔らかさ、しっとりした食感、重厚な旨味を再現」しているという。

試作品公開にあわせ、Forsea Foodsは都内のヴィーガンレストラン「菜道」との協業を発表した。「菜道」のチーフシェフである楠本勝三氏との協業により、うなぎの蒲焼とうなぎのにぎり寿司を創作しており、今後も共同開発を進めていく考えだ。

Forsea Foodsは2025年に最初の製品発売を目指している。ターゲットは、うなぎの最大消費国である日本を含めたアジアだ。同社は欧州、アメリカへの進出も視野にいれている。

オルガノイド技術で培養うなぎを開発するForsea Foods

出典:Forsea Foods

Forsea Foodsを際立たせているのは、培養うなぎの開発にオルガノイド技術を使用していることだろう。

オルガノイドは幹細胞がもつ自己複製能力と分化能力を活用して作られる三次元構造体をいう。これにより、脂肪と筋肉から構成される3次元のマイクロ組織が形成される。

オルガノイドは自然界でみられる細胞形成の自然なプロセスを模倣しており、解剖学的・機能的にも生体内の組織に近いという特徴があるため、「ミニ臓器」とも呼ばれている

培養肉の開発では細胞が生存、増殖するための足場が使用されることが多いが、オルガノイドを使用することで、細胞が足場を必要とせずに自分で組織構造を形成することが可能となる。そのため、製造プロセスがシンプルになり、スケーラビリティが向上するというメリットがある。

また、独自の製法により、高コストな成長因子への依存を大幅に減らすことで、コスト効率の良い生産が可能となるという。

Forsea Foodsの共同創業者であるIftach Nachman氏の特許を参照すると、オルガノイドを活用した培養肉生産では、外部からの補充とは無関係に必要な分化を促進するシグナル伝達がオルガノイド内で生じるため、必要な成長因子はごくわずかな量になることが記載されている

オルガノイドを活用した培養肉開発

出典:Forsea Foods

オルガノイド技術は主に創薬研究、再生医療の領域で研究が進んでおり、培養肉の領域ではまだ希少な取り組みだ。Foovoの調査では、Forsea Foodsを含めた数社の取り組みが確認されている。

その1社が、日揮グループが設立した日本企業オルガノイドファームだ。

オルガノイドファームは、横浜市立大学の武部貴則特別教授と順天堂大学の赤澤智宏教授が開発したオルガノイド技術と、日揮グループが持つプラント技術を活用し、2030年に商業プラントの稼働開始を目指している

海外企業では、培養牛肉を開発する米Orbillion Bioが、スフェロイド、オルガノイドを使用した培養肉生産に関する特許を出願している。動物細胞として、ウシ、ブタ、鶏、魚、ヒツジ、バイソン、和牛、アヒル、ガチョウ、ヘラジカ、シカ、ダチョウが挙げられている。

 

参考記事

Forsea Foodsが初の培養うなぎを発表

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Forsea Foods

 

関連記事

  1. 微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大…
  2. EUが精密発酵・藻類由来食品を開発する企業に約78億円の資金提供…
  3. Farmless、二酸化炭素によるタンパク質生産に向けて約1.8…
  4. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  5. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  6. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  7. オランダ、培養肉の承認前試食の実施を認める 年内に試食会実施へ
  8. ScaleUp Bio、微生物発酵の商用施設についてシンガポール…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ豚肉の開発に成功

イギリスの培養肉スタートアップ3D Bio-Tissuesは、100%の培養ステ…

小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNUProteinの挑戦

食糧危機・環境問題の解決策として期待される培養肉の生産コスト低減を目指して、コム…

微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達|色も風味もニュートラルなタンパク質

イスラエルのバイオマス発酵スタートアップのBrevelは今月、シードラウンドで1…

ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイバースファームが目指すもの

ミシュラン星付きシェフと再生医療の研究者が立ち上げた異色の培養肉企業ダイバースフ…

二酸化炭素を使用して代替脂肪を開発するスウェーデンのGreen-On|食料生産から農業と耕作地を取り除くPower-to-food技術

今年1月に発表された「Fat Revolution is coming(脂肪革命…

蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達

代替肉、代替ミルクなど代替タンパク質に取り組む企業が増える中…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP