ロボット

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

>> <<

 

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表した。

Picnicはピザのトッピングを自動化するピザ組み立てロボットを開発するシアトルのスタートアップ企業。

システム全体はピザ設置部、ソース部、材料部などのユニットが一列に配列されており、ベルトコンベヤーに置かれたピザ生地が移動しながら、ディスペンサーからソースがけ、トッピングが順になされる仕組み。

出典:Picnic

一見すると筐体が並んでいるようにしか見えないが、レストランのピザ製造の大部分を自動化できる。レストランのニーズに応じて、導入ユニット数を増減できる。

レストランにPicnicのシステムを導入するレンタル費用は月額3500(約38万円)~5000ドル(約54万円)。料金にはメンテナンス検査とリモートコントロールが含まれる。

レストランは初期費用なしで導入できるため、費用対効果の高いRobotics-as-a-Service(RaaS)といえる。

Picnicは、今年は既存クライアントの注文分を製造、導入する。新しい注文分については2022年に出荷を開始する。

プレスリリースによると、Picnicのシステムは、モジュール式ピザ組み立てシステムで唯一市販化されているもの。レストランのキッチン作業を自動化することで、時間、費用、労力を節約できる。1時間に作れるピザ数は最大100枚。

出典:Picnic

PicnicのシステムはこれまでにT-Mobile Park、ラスベガス・コンベンション・センターに試験導入されている。今月ラスベガス・コンベンション・センターで開催された国際ピザ博覧会にも出展し、デモが行われた。

レストランにロボットを導入するメリットは時間、費用、労力を節約できるだけではない。ロボットは毎回同じ量のトッピングを一貫して行えるため、品質が統一され、材料費の節約につながる。

キッチンで働くスタッフ数を減らすことで、働くスタッフがソーシャルディスタンスを保てるようになる。ピザの製造は、自動化の割合が高く、最もロボットを導入しやすい領域といえる。

CEOのClayton Wood氏 出典:Picnic

現に、Picnicのほかにも、ピザ製造におけるロボットシステムの導入が進んでおり、同様のピザ組み立てシステムを開発するxRobotics、ピザ生地のならしから顧客への受け渡しまで自動化したレストランをパリにオープンしたPazziなどが登場している。

ピザではないが、ハンバーガーショップにロボットを導入し、注文のパーソナライズ化を実現するCreatorは、コロナで営業停止していたが先日に店舗を再オープンした。

Picnicは5月にシリーズAで約17億円を調達していたが、7月に追加で420万ドルを調達し、シリーズAの調達総額は2050万ドル(約22億円)となった。クランチベースによると、これまでの調達総額は3840万ドル(約42億円)となる。

 

参考記事

Picnic Announces Commercial Availability and Pricing of its Pizza Robot

Picnic® Announces Commercial Availability of Award-Winning Pizza System

Picnicが初のロボティックピザシステムを展開へ、プレオーダー受付開始

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Picnic

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  2. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  3. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  4. 中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRoboti…
  5. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…
  6. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…
  7. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…
  8. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…

おすすめ記事

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフ…

世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで開始

培養肉を使った世界初の食品デリバリーが始まる。代替卵・培養肉をてがける米…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP