Foovo Deep

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

 

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風味を改善するため、米ぬか油を使用した代替脂肪を開発している。

近年、細胞培養や精密発酵により代替脂肪を開発する企業は増えているが、Paragon Pureは業界ではまだ少ない、オレオゲル技術を使用している。

Paragon Pureは8月、Unovis Asset Managementが主導するシードラウンドで390万ドル(約5億5000万円)を調達した。調達した資金で、パイロット工場の建設を進め、米ぬか油由来の代替脂肪のサンプルを企業に提供する。

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pure

共同創業者のMatthew Sillick氏(左)とChristopher Gregson氏(中央) 出典:Paragon Pure

Paragon Pureが独自に開発した代替脂肪Olé-pbmは、液体油を半固体脂肪に変換するオレオゲル技術によって作られている。

オレオゲルとは、ゲル化剤からなる網目構造の中に液状油脂を取り込ませ、全体としてあたかも固体脂肪のような形状をとっている状態をいう。ゼリーや寒天のハイドロゲルでは、ゲル化剤の網目構造に水が取り込まれた状態だが、水を油に変えたのがオレオゲルだ。

食品油脂の開発で、油脂を固体化させるために使用されてきた部分水素添加法がアメリカで禁止されてから、これに代わる製法として近年、ワックス、タンパク質、植物ステロールなどをゲル化剤として使うオレオゲルの研究開発に注目が集まっている

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Paragon Pure

 

関連記事

  1. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  2. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  3. The EVERY Companyが約198億円を調達、精密発酵…
  4. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  5. イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得…
  6. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  7. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…
  8. 2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、20…

おすすめ記事

3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津製作所が協業

大阪大学、島津製作所、シグマクシスは「3Dバイオプリント技術の社会実装」に向けた…

Chipotleがトルティーヤチップス製造ロボット「Chippy」を発表

米国、カナダ、英国、フランス、ドイツで2,950を超えるレストランを経営している…

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

香港発の代替肉スタートアップ企業グリーンマンデーが、代替豚肉に続いて代替魚に参入…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが約30億円を調達

イスラエルのRedefine MeatがシリーズAで2900万ドル(約30億円)…

古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Arkeon Biotechnologiesが約8.5億円を調達

オーストリア、ウィーンを拠点とするArkeon Biotechnologiesは…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP