Foovo Deep

ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表

 

食品・日用品大手のユニリーバが、精密発酵により作成したアイスクリームを約1年以内に発売する可能性があることが明らかになった。

Ben&Jerry’sなど有名なアイスクリームブランドを有するユニリーバが精密発酵に参入すれば、精密発酵技術の食品分野への浸透がさらに加速すると予想される。

ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表

出典:Unilever

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Unilever

 

関連記事

  1. 微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyn…
  2. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養…
  3. マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに…
  4. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  5. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  6. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  7. 南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の…
  8. 菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichrom…

おすすめ記事

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

写真はイメージ画像日本で江戸時代から食されてきたウナギは絶滅危惧種に指定…

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

このニュースのポイント●培養肉パイオニアのモサミ…

ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約94億円を調達

Pairwiseは収量も栄養もあるのに、匂いなどの理由で人気のない食品を、ゲノム…

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP