代替プロテイン

英Hoxton Farmsがロンドンに培養脂肪のパイロット工場を開設

 

培養脂肪を開発する英Hoxton Farmsは今月、ロンドンに初のパイロット工場を開設したことを発表した。AgFunderForbesなどが報じた。

ロンドン中心部に位置する約1300㎡(14,000平方フィート)の施設には、細胞培養室、キッチン、オフィススペースや、独自のバイオリアクターを製造するスペースが設けられている。この施設では長期的に、年間最大10トンの培養脂肪を製造できるという。

共同創業者のMax Jamilly氏は、この工場には1,000L以上のバイオリアクターが設置されており、2025年までに年間1トンの培養脂肪生産を実現できる可能性があることをAgFunderに語っている。

今回の発表は昨年11月の約32億円の資金調達に続くニュースとなった。Hoxton Farmsは初期段階では、植物肉市場をターゲットにしていくとしている。

小型バイオリアクターによるスケールアウト戦略

Max Jamilly氏(左)とEd Steele氏(右)出典:Hoxton Farms

Hoxton Farmsは、肉と感じるための「感覚に訴える最も重要な成分」である脂肪を開発する企業として2020年に設立された

同社は大型バイオリアクターの設計を目指す代わりに、ソフトウェアと自動化で接続された小型のバイオリアクターを多数使用するスケールアウト戦略を採用している。新しく開設したパイロット工場では、このアプローチによる大量生産の可能性を実証していくだろう

GOOD Meatなど一部の培養肉企業は、大型バイオリアクターの建設に投資している。

共同創業者のEd Steele氏はこうした現状について、「バイオリアクターの条件を最適化するには長い時間を要し、サイズを大きくする場合は基本的にゼロスタートとなります」とForbesに述べ、同社が独自に開発した小型バイオリアクターにより、数百万ドルの投資を回避し、汚染や損失を抑えることができる可能性に言及している。

多様化する代替脂肪開発

出典:ImpacFat

同社が最初に開発するのは豚の培養脂肪だ。成長した豚から間葉系幹細胞(MSC)を採取し、ゲノム編集により細胞を不死化(長期間細胞分裂できる状態)している。

長期的には鶏や魚の脂肪の開発も視野にいれているようだ。

Hoxton Farmsによる細胞培養脂肪が市販されると、植物肉の味・風味をさらに改善できる可能性がある。

近年、植物肉の風味改善・植物油脂に関連した環境負荷軽減の側面から、代替脂肪の開発に乗り出す企業が増えている。

ドイツのCultimate Foodsは7月、試食イベントで培養脂肪を発表した。同社は大手食品メーカーとの協業を模索している。

出典:Mycorena

日本人研究者・杉井重紀氏が立ち上げたシンガポールのImpacFatは魚の培養脂肪を開発しており、昨年12月には世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施した

代替脂肪の開発では細胞培養に限らず、精密発酵を活用するNourish IngredientsMelt&Marble、AIを活用するShiru、オレオゲルを活用するParagon PureMotif Foodworks、菌類由来の脂肪を開発するMycorenaなど、さまざまな技術が使用されている。

これらの中で、Hoxton Farmsなど細胞培養による脂肪は認可に特に時間がかかると予想される。同社は初期目標として、培養肉の販売が認められているアメリカ、シンガポール市場への進出を目指している。

 

参考記事

Inside Hoxton Farms, The First UK Cultured-Fat Pilot Plant And Its Secret Weapon

Hoxton Farms opens cultivated fat pilot facility, targets alt meat: ‘If you can’t get the fat right, it’s impossible to recreate the experience meat eaters crave’

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Hoxton Farms

 

関連記事

  1. 南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の…
  2. Umami BioworksとShiok Meatsが合併計画を…
  3. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  4. 酵母クリームのCultivated Biosciences、20…
  5. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  6. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  7. タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場…
  8. 二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnolo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画として培養肉産業を支援

オランダ政府は、国家成長基金(National Growth Fund)の一環と…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、800の予約注文を受注

ピザロボットを開発するxRobotics(エックスロボティクス)が、オックスフォ…

ネスレが精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売|2回目の製品販売

大手食品メーカーのネスレが、精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売…

米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、インドの工場を買収

精密発酵によるタンパク質開発で世界をリードする米パーフェクトデイが、インドで認可…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP