Foovo Deep

ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来月発売

 

Kiri(キリ)やBoursin(ブルサン)などで有名なチーズ大手ベルグループのアメリカ現地法人Bel Brands USA(ベルアメリカ)は、米パーフェクトデイと提携し、精密発酵由来の乳タンパク質を使用したアニマルフリーなクリームチーズ製品の発売を発表した。

新製品「Nurishh Incredible Dairy」は、精密発酵により作成されたベルアメリカ初の代替乳製品となり、来年1月1日から全米のスーパーチェーン・クローガーで発売される。

パーフェクトデイは先月、韓国の食品大手との提携も実現し、アメリカ国内での展開に加え、海外マーケットを着実に拡大している。

チーズ大手のベル、精密発酵タンパク質の代替チーズ発売へ

出典:BEL BRANDS USA/Nurishh

ベルグループは世界的なチーズブランドBabybelLaughing CowBoursinをグローバルに展開しているフランス企業。ベルアメリカはBabybelBoursinですでにプラントベース製品を展開している。

これまでのベルは既存の動物由来製品にプラントベース製品を追加するハイブリッド戦略を採用していたが、昨年、プラントベース専用ブランドとして「Nurishh」を立ち上げた。精密発酵タンパク質を使用した「Nurishh Incredible Dairy」は、プラントベース専用の同ブランドにおける新しい試みとなる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BEL BRANDS USA/Nurishh

 

関連記事

  1. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…
  2. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  3. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  4. Doehlerが代替パーム油を生産する英Clean Food G…
  5. 世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで…
  6. 培養肉セミナー開催レポート【岡田健成氏講演】-2022年8月-
  7. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  8. ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨン…

おすすめ記事

古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Arkeon Biotechnologiesが約8.5億円を調達

オーストリア、ウィーンを拠点とするArkeon Biotechnologiesは…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP