Foovo Deep

独Cultimate Foods、培養脂肪を使用したハイブリッドバーガーを発表

 

ドイツの培養脂肪企業Cultimate Foodsは先月、アクセラレーターProVeg Incubatorが主催した試食イベントで、培養脂肪「CultiFat」を使用したハイブリッドバーガーを発表した

「CultiFat」は植物肉に使用されるココナッツオイル、メチルセルロースに代わる脂肪成分であり、動物細胞から培養されたものとなる。

Cultimate Foods共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のGeorge Zheleznyi氏は、「私たちの培養成分を使用したハイブリッドバーガーを発表できて嬉しく思います。これは、ラボから食卓へと製品を移行させた私たちにとって大きなマイルストーンです。培養脂肪を活用することで、肉好きな方が望むジューシーな味と食感を再現することができました」と述べている

出典:Cultimate Foods

Protendirectoryの報道によると、Cultimate Foodsは独自の細胞農業技術により、 脂肪酸組成を正確にコントロールして肉らしい味を再現している。

「CultiFat」を試食したProVeg IncubatorのJulia Martin氏は、「何年も食べていなかった正真正銘のビーフバーガーの味がしました」と述べている。

Martin氏はさらに、調理されたパティには幼少期の記憶を呼び起こす豊富な風味があり、より本物に近い味わいの植物肉を作るというCultimate Foodsの使命を支持していると述べた

食品大手との協業も視野に

出典:Cultimate Foods

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Cultimate Foods

 

関連記事

  1. Meati Foodsの菌糸体肉、全米のホールフーズ全店舗で発売…
  2. シンガポールの培養魚企業Umami Meatsが日本進出を発表
  3. Oshiのホールカットの植物サーモン、ニューヨークで発売
  4. Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と…
  5. 【世界初】シンガポールの小売店で培養肉の購入が可能に|米GOOD…
  6. 植物細胞培養でカカオを開発するKokomodoが約1.1億円を調…
  7. 精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは
  8. そら豆を原料に代替卵を開発するPerfeggtが約4.9億円を調…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵プラットフォームの提供を目指すFermify、カゼインサンプルの提供を開始

食品メーカー向けに精密発酵カゼインのプラットフォームの提供を目指すオーストリア企…

ニュージーランド企業Daisy Labが精密発酵ホエイのスケールアップ生産に成功

ニュージーランドの精密発酵企業Daisy Labは、10Lのバイオリアクターを使…

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ豚肉の開発に成功

イギリスの培養肉スタートアップ3D Bio-Tissuesは、100%の培養ステ…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

培養シーフードを開発するシンガポールのShiok Meatsが、Woowa Br…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP