3Dプリンター

MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロテインの開発で約2.1億円の欧州助成金を獲得

 

マイコプロテインで代替肉や代替バターを開発するスウェーデン企業Mycorenaは昨年10月、3Dプリンターで代替サーモンを開発するオーストリア企業Revo Foodsとの提携を発表した

二社は先月、イノベーションを促進するスウェーデンの政府機関Vinnova、オーストリアの研究開発に向けて資金提供を行うオーストリア研究促進庁(FFG)、EUの資金調達プログラムEurostarsから、共同プロジェクトに対し150万ユーロ(約2億1000万円)の助成金を獲得したことを発表した。

プレスリリースによると、この助成金獲得は非常に競争が激しく、900近い申請があったという。MycorenaとRevo Foodsが助成金を獲得したことは、革新的なマイコプロテインのソリューションに対する関心度の高さを表している。

3Dプリンティング用に最適化したマイコプロテインを開発

出典:Mycorena

菌類の発酵を利用したマイコプロテインは、生産効率・持続可能性・資源効率の点で、従来の畜産肉だけでなく、植物由来肉よりも優れているといわれる。一例として、イギリスのENOUGHが開発したマイコプロテイン「ABUNDA」は、大豆よりも水の使用を29%、炭素排出量を53%削減でき、生産に必要な原料も40%少ないという

Mycorenaは、マイコプロテインのこうした大きな可能性にも関わらず、3Dプリンティングに適用するためにマイコプロテインが最適化されたことはなかったと指摘している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mycorena/Revo Foods

 

関連記事

  1. 米Sweegenが精密発酵による甘味タンパク質でFEMA GRA…
  2. UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都…
  3. 培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点…
  4. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  5. 米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベー…
  6. Melt&Marble、精密発酵による油脂のプロトタイ…
  7. 米Puretureが植物性の代替カゼインの開発を発表
  8. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

米Oobliが精密発酵による甘味タンパク質でGRAS認証を取得

精密発酵で甘味タンパク質を開発する米Oobli(旧称Joywell Foods)…

機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円を調達、精密発酵の課題解決へ

機械学習を使用してタンパク質収量を増加させるイギリスのバイオテック企業Eden …

高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Tech Webinar Fall 2021参加レポート

株式会社アドライト社が代替タンパク質の可能性にフォーカスしたセミナー「Food-…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

オランダのEatch、1日最大5000食を調理できるロボットキッチンを開発

ロボットキッチンを開発するオランダ企業Eatchは、1日に最大5,000食を調理…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP