3Dプリンター

MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロテインの開発で約2.1億円の欧州助成金を獲得

 

マイコプロテインで代替肉や代替バターを開発するスウェーデン企業Mycorenaは昨年10月、3Dプリンターで代替サーモンを開発するオーストリア企業Revo Foodsとの提携を発表した

二社は先月、イノベーションを促進するスウェーデンの政府機関Vinnova、オーストリアの研究開発に向けて資金提供を行うオーストリア研究促進庁(FFG)、EUの資金調達プログラムEurostarsから、共同プロジェクトに対し150万ユーロ(約2億1000万円)の助成金を獲得したことを発表した。

プレスリリースによると、この助成金獲得は非常に競争が激しく、900近い申請があったという。MycorenaとRevo Foodsが助成金を獲得したことは、革新的なマイコプロテインのソリューションに対する関心度の高さを表している。

3Dプリンティング用に最適化したマイコプロテインを開発

出典:Mycorena

菌類の発酵を利用したマイコプロテインは、生産効率・持続可能性・資源効率の点で、従来の畜産肉だけでなく、植物由来肉よりも優れているといわれる。一例として、イギリスのENOUGHが開発したマイコプロテイン「ABUNDA」は、大豆よりも水の使用を29%、炭素排出量を53%削減でき、生産に必要な原料も40%少ないという

Mycorenaは、マイコプロテインのこうした大きな可能性にも関わらず、3Dプリンティングに適用するためにマイコプロテインが最適化されたことはなかったと指摘している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mycorena/Revo Foods

 

関連記事

  1. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  2. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  3. 精密発酵のImagindairy、シードラウンドの資金調達を約3…
  4. バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが…
  5. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  6. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  7. 精密発酵タンパク質のB2B生産プラットフォームを開発するFerm…
  8. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…

おすすめ記事

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得

植物由来の代替卵を開発するアメリカのスタートアップ企業イート・ジャストは、主力製…

Meatable、シンガポールへ培養豚肉餃子の導入を目指してESCO Asterと提携

オランダの培養肉Meatableは、世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポ…

培養肉アレフ・ファームズ、安価でオープンな増殖培地の開発でWACKERと提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズとドイツの化学メーカーWACKERは、培…

代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発売、年内の欧州進出を目指す

3Dプリンターを活用するイスラエルの代替肉企業Redefine Meat(リディ…

次回Foovoセミナーのご案内

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(03/28 17:27時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(03/28 21:10時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(03/28 14:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(03/29 07:37時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(03/28 17:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP